ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《潜海奇襲》について考えてみる

f:id:sihotto:20170603135852p:plain

 

《潜海奇襲》
永続罠
(1):このカードの発動時の効果処理として、自分の手札・墓地の「海」1枚を選び、発動できる。
(2):フィールドに「海」が存在する場合、表側表示のこのカードは以下の効果を得る。
●1ターンに1度、自分フィールドの水属性モンスター1体をエンドフェイズまで除外して発動できる。 このターン、自分フィールドの表側表示の魔法・罠カードは相手の効果では破壊されない。
●元々のレベルが5以上の自分の水属性モンスターが 相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動する。 その相手モンスターを破壊する。 

 

新たな「海」関連カード。発動時に手札or墓地から「海」を発動できる。

さらに「海」があると亜空間物質転送装置+魔法罠破壊耐性と☆5↑の水属性モンスターにカタストル効果付与と強烈なバックアップ効果を持つ。

 

魔法罠破壊耐性が得られるため、《潜海奇襲》や「海」が破壊されたらおじゃんというこの手のカードの弱点は克服されている。

 

また、「海」扱いの永続罠《忘却の海底神殿》を使えば、「海」以外のフィールド魔法も守ることができる。

 

 

「海」を維持して強いデッキといれば、【幻煌龍】が思い当たる。

キーカードかつ「海」扱いのフィールド魔法《幻煌の都 パシフィス》を守ったり、邪魔な幻煌竜トークンをどけたりと器用に立ち回れるようになりそうだ。

「海」の破壊に怯えなくて良いため《竜巻海流壁》も使いやすくなるだろう。

コズミックサイクロン?それは管轄外…。

 

モンスターを一時除外できる効果も新マスタールール下においては結構強い。

なぜなら、エクストラゾーンのモンスターをメインゾーンへ移動できるからだ。

EXデッキに依存しているデッキに採用してみるのもありかもしれない。

 

また、一時除外効果でE・HERO アブソルートZero》を対象にすれば、効果で相手モンスターの全破壊が可能。

《潜海奇襲》は罠カードであるため相手ターンに発動でき、なおかつ任意のタイミングで使用できる。なかなか凶悪な組み合わせになりそうだ。

 

面白いところでは、「このカードがフィールドに表側表示で存在する限り一度だけ」と記載されているモンスター効果を再度使えるようにもできる。

といっても、《ゼンマイマイ》や《ブリザード・ファルコン》ぐらいのものだが。

ファイアフォールドラゴンが水属性でなくて良かった…。