ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《リコーデッド・アライブ》について考えてみる

f:id:sihotto:20170610203347p:plain

 

 

2017年6月17日発売の「ストラクチャーデッキ-サイバース・リンク-」に収録される新規カード《リコーデッド・アライブ》の考察。

まずは、カード効果の確認。

 

《リコーデッド・アライブ》
通常罠
(1):自分のフィールド・墓地のリンク3のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを除外し、EXデッキから「コード・トーカー」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):EXモンスターゾーンに自分のモンスターが存在しない場合、墓地のこのカードを除外し、 除外されている自分の「コード・トーカー」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。

 

 (1)の効果はリンク3のサイバースモンスターを除外して、EXデッキから「コード・トーカー」と名のついたモンスター召喚条件を無視して特殊召喚する効果。

 

記事を書いている時点での判明しているリンク3のサイバースモンスター

この3種類。

 

また、「コード・トーカー」と名のついたモンスター

の2種類だ。

 

(2)の効果を踏まえると《デコード・トーカー》かエンコードトーカー》を除外するのが基本だろう。

 

 

(2)の効果は墓地のこのカードを除外して、 除外されている自分の「コード・トーカー」モンスター1体を特殊召喚する効果。

ただし、発動条件として、EXモンスターゾーンに自分モンスターがいない状態でないといけない。

 

 

(1)の効果にて《デコード・トーカー》か《エンコードトーカー》を除外した場合、そのカードをSS対象にできる。

 

墓地に送られたターンに(2)の効果を使用できないという縛りはないので、《おろかな副葬》などで墓地に落としても良いだろう。しかし、この場合は「コード・トーカー」モンスターを除外するギミックが必要となる。

 

 

罠カードのためサクリファイスエスケープとして利用できるが、リンク3のサイバースモンスターのみなのはさすがに使いづらい。

この目的で使うなら、サイバース族モンスターが対象の同デッキ収録の速攻魔法《サイバネット・バックドアの方が扱いやすいはずだ。

 

f:id:sihotto:20170610203415p:plain

《サイバネット・バックドア
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドのサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを除外し、そのモンスターの元々の攻撃力より低い攻撃力を持つ サイバース族モンスター1体をデッキから手札に加える。 この効果で除外したモンスターは次の自分スタンバイフェイズにフィールドに戻り、 そのターン直接攻撃できる。

 

だが、上手く使えば連続攻撃が可能

なぜなら、メインモンスターゾーンに他のリンクモンスターが存在する場合は(1)(2)両方の効果が連続使用可能だからだ。

 

 

例として、EXモンスターゾーンに《デコード・トーカー》、メインモンスターゾーンに《プロキシー・ドラゴン》、セットカードとして《リコーデッド・アライブ》があるとする。

 

《リコーデッド・アライブ》《デコード・トーカー》を除外して《プロキシー・ドラゴン》のリンク先エンコードトーカー》を特殊召喚

続けて(2)の効果で先ほど除外した《デコード・トーカー》を帰還させれば、3枚のカードで合計4回の攻撃となる。

 

 

 

 

 

遊戯王 プロキシー・ドラゴン ウルトラレア VJMP-JP131 Vジャンプ

遊戯王 プロキシー・ドラゴン ウルトラレア VJMP-JP131 Vジャンプ