ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《メタファイズ・ラグナロク》について考えてみる

遊戯王/メタファイズ・ラグナロク(シークレットレア)/サーキット・ブレイク

 

 

サーキット・ブレイクの新規テーマ【メタファイズ

そのテーマの中核を担うであろう《メタファイズラグナロクについて考えてみる。

 

まずは効果を確認。

 

《メタファイズラグナロク
チューナー・効果モンスター
星4/光属性/幻竜族/攻1500/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分のデッキの上からカードを3枚除外する。このカードの攻撃力は、この効果で除外した「メタファイズ」カードの数×300アップする。
(2):このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。デッキからレベル5以上の「メタファイズ」モンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに除外される。

 

《神竜 ラグナロク》のリメイクと思しきカード。さりげなくチューナーモンスター

 

(1)の効果は打点のパンプアップ。しかし、デッキトップを除外というランダム効果なので不安定感が否めない。運が良ければ最大で2400の打点を持てる。

また、他のメタファイズを除外できれば効果発動トリガーになる。

 

(2)の効果が非常に重要かつ今回の話題。

戦闘ダメージを与えると☆5⇑の「メタファイズ」モンスターをデッキから特殊召喚できるという効果。

表示形式を問わないので、追加の攻撃モンスターを用意できる。

 

呼び出せるモンスターがそれぞれ強力で、記事制作時点では

  • 特殊召喚された表側モンスター全除外
  • セットされた魔法・罠を全除外
  • 罠の効果を受けず、追加攻撃可能

の効果を持つ3種類のモンスターたちから選べる。

 

このことから積極的に使っていきたい効果だ。

だが、効果の使用には戦闘ダメージを与える必要がある。このモンスターの攻撃力は決して高くないので、戦闘補助が必須だろう。

 

そもそも戦闘ダメージが発生するのは

  • モンスターとの戦闘
  • 直接攻撃(ダイレクトアタック)

この2つだ。

 

モンスターとの戦闘を補助するのであれば、真っ先にオネストが上がるだろう。

光属性のテーマなので他のモンスターでも使用できる。

一方、【メタファイズ】と《マクロコスモス》は相性が良いとされている。

だが、マクロ下ではオネスト》が使えない。《マクロコスモス》を採用するなら注意しておきたい。

 

ラグナロクをフィールドに維持し、何度か(2)の効果を使うつもりであれば《月鏡の盾》がオススメ。

戦闘に関しては、ほぼ無敵となる効果のためかなり有用だ。

 

また、この(2)の効果は自分ターンにしか使えない効果ではない

そのため速攻魔法・罠カードでも奇襲も有効だろう。

使いやすさを考えれば《禁じられた聖槍》《バージェストマ・ハルキゲニア》《プライドの咆哮》辺りだろうか。

 

別の方法である直接攻撃は、効果を付与してダメージを与えることが主だろう。

使いやすいものならば、《妖刀竹光》《流星の弓-シール》。

しかし前者は竹光カードが2枚必要で、後者は只でさえ低い攻撃力をさらに下げることとなる。

採用はほとんどされないように思える。 

 

 

 

 

遊戯王/メタファイズ・ラグナロク(シークレットレア)/サーキット・ブレイク

遊戯王/メタファイズ・ラグナロク(シークレットレア)/サーキット・ブレイク

 
遊戯王/メタファイズ・ラグナロク(スーパーレア)/サーキット・ブレイク

遊戯王/メタファイズ・ラグナロク(スーパーレア)/サーキット・ブレイク

 

 

【 3枚セット 】遊戯王 日本語版 20AP-JP048 Honest オネスト (ノーマル・パラレル)

【 3枚セット 】遊戯王 日本語版 20AP-JP048 Honest オネスト (ノーマル・パラレル)

 

 

 

遊戯王 CSOC-JP067-R 《プライドの咆哮》 Rare

遊戯王 CSOC-JP067-R 《プライドの咆哮》 Rare

 

 

遊戯王 NECH-JP068-NR 《妖刀竹光》 N-Rare

遊戯王 NECH-JP068-NR 《妖刀竹光》 N-Rare

 

 

遊戯王OCG 黄金色の竹光 ノーマルレア LODT-JP062

遊戯王OCG 黄金色の竹光 ノーマルレア LODT-JP062