ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《アカシック・マジシャン》について考えてみる

f:id:sihotto:20170615093542p:plain

 

 

7月発売の新パック「サーキット・ブレイク」に収録されるリンクモンスター《アカシック・マジシャン》について考えてみる。

まずは、効果を確認。 

 

 《アカシック・マジシャン》
リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/魔法使い族/攻1700
【リンクマーカー:上/下】
トークン以外の同じ種族のモンスター2体
自分は「アカシック・マジシャン」を1ターンに1度しかリンク召喚できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。 このカードのリンク先のモンスターを全て持ち主の手札に戻す。
(2):1ターンに1度、カード名を1つ宣言して発動できる。 このカードの相互リンク先のモンスターのリンクマーカーの合計分だけ自分のデッキの上からカードをめくり、 その中に宣言したカードがあった場合、そのカードを手札に加える。 それ以外のめくったカードは全て墓地へ送る。

 

召喚条件の緩さと効果を踏まえると、新たな汎用リンクモンスターをいえるだろう。

 

1ターンに1度しかリンク召喚できないという縛りがある。しっかりと頭に入れておきたい。

この縛りがあったらソリティアのオモチャにならないとでも思っていたのだろうか。

 

(1)の効果は強制効果で、リンク先のモンスターをバウンスする効果。

このモンスターのリンクマーカーは上と下の2つだ。

EXモンスターゾーンに召喚すれば、お互いのメインモンスターゾーンのモンスターをバウンスすることとなる。

これは除去効果として使える。効果の書き方的に非対象効果となりそうなので中々強い。

 

当然であるが、自分モンスターも戻せる

個人的には、ブリューナクの二の舞にならないことを願う。既に魚族がソリティアに組み込んでるが…。ブル様とライカが悪い。でも規制はやめてね。

 

 

この効果の存在で重要かつ面倒なのは、召喚位置に関するプレイングができたことだろう。

これからはメインモンスターゾーンの、左から2番目と4番目の場所への召喚は避けることになりそうだ。

 

 

(2)の効果は 《デーモンの宣告》に似た効果。

《デーモンの宣告》との違いは、相互リンクしているモンスターのリンクマーカーの数に依存するところ。

 

しかし(1)の効果でリンク先のモンスターを退かしているので、別途方法でリンクモンスターを用意する必要がある

ワンチャン使えればいいか。ぐらいに思っておいた方がよさげかもしれない。

 

確実に当てるなら《デーモンの宣告》と同様に《天変地異》などの補助が必要。

 

記事制作時点での最大枚数は8枚

だが、わざわざ相手がこのモンスターのリンク先にリンクモンスターを出すとは考えにくい

基本的には4枚が最大と考えておくべきだろう。

 

 

遊戯王/アカシック・マジシャン(シークレットレア)/サーキット・ブレイク

遊戯王/アカシック・マジシャン(シークレットレア)/サーキット・ブレイク

 
遊戯王/アカシック・マジシャン(スーパーレア)/サーキット・ブレイク

遊戯王/アカシック・マジシャン(スーパーレア)/サーキット・ブレイク