ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《影六武衆-リハン》について考えてみる

f:id:sihotto:20170619205819p:plain

 

 「デッキビルドパック スピリット・ウォリアーズ」に収録される《影六武衆-リハン》 の考察。

まずは効果を確認。

 

《影六武衆-リハン》 
融合・効果モンスター
星5/光属性/戦士族/攻2400/守2400
属性が異なる「六武衆」モンスター×3
自分フィールドの上記カードを墓地へ送った場合のみ、EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
このカードは融合素材にできない。
(1):1ターンに1度、手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、「六武衆」カード1枚を除外し、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
(2):自分フィールドの「六武衆」モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 

【六武衆】初の融合モンスター。

融合召喚の条件としてフィールドに属性の異なる六武衆を3体揃える必要がある。融合は必要ない。

《真六武衆-カゲキ》《真六武衆-キザン》《六武衆の師範》などを用いて揃えたいところだ。

 

 

(1)の効果は、【六武衆】をコストにカード1枚を除外する効果

コストにできるのは手札・フィールドから。そのため召喚したターンに効果を使用するなら4体の【六武衆】モンスターが必要である。

 

《六武の門》の効果を考えると《真六武衆-キザン》などはコストにしづらいか。

コストにするカードは慎重に選ぶ必要がありそうだ。

 

魔法・罠カードの【六武衆】もコストにできる。だがコストにしたくないカードが多いので、他に選択肢が無い場合の最終手段と思っておくべきだろう。

 

 

(2)の効果は、六武衆が戦闘・効果で破壊される場合、身代わりとなって墓地の自身を除外する効果。

《ゲール・ドクラ》などを採用したいデッキではないため、破壊後のおまけ効果と考えておくべきだ。

 

 

 

さて、すでに察しているとは思うがあえて言わせて貰いたい。

 

このカードの性能は難しい召喚条件に見合ったステータス・効果持っていないという最大級の問題点を抱えている。

 

【六武衆】が3体も並んでいるのであれば、エクシーズ召喚やシンクロ召喚を狙った方が手っ取り早くかつ強いため、わざわざこのカードを優先する意義が乏しい。せめて《次元障壁》の採用率がまだ高ければ採用余地はあったかもしてない。

 

3体ものモンスターを使用して得られるのは、2400という上級モンスター程度の攻撃力。せめて《六武衆の荒行》に対応できる攻撃力ならば、まだ意味があっただろう…。

 

(1)の効果発動はコストを要し、そのコストは墓地からではないためにアドを失う。せめて対象効果でなければ、まだ採用余地はあったはずだ。

 

(2)の効果はあってないようなもの。

 

(3)の効果?そんなものはない…!効果はこれだけだ…。

 

 

 

…正直採用する理由を見いだせない。どう使えばいいのだろうか。誰か教えてくれ……。