ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《剛鬼サンダー・オーガ》について考えてみる

f:id:sihotto:20170620204845p:plain

 

「サーキット・ブレイク」に収録される 《剛鬼サンダー・オーガ》についての考察。

まずは効果を確認。

 

《剛鬼サンダー・オーガ》
リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/戦士族/攻2200
【リンクマーカー:上/左下/右下】
「剛鬼」モンスター2体以上
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、ターンプレイヤーは以下の効果を適用する。
●自分メインフェイズに通常召喚に加えて1度だけ、
このカードのリンク先となる自分フィールドに手札からモンスター1体を召喚できる。
(2):このカードのリンク先のモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードの攻撃力は400アップする。

 

(1)の効果は召喚権の増加。ただし、このモンスターのリンク先にしか出せない

 

非常に優秀な効果だが、このモンスターは左右のリンクマーカーが無い

そのためEXモンスターゾーンに置かなければ無意味な効果だ。

また、相手の召喚権も増やしてしまうというデメリットも存在する。

 

できれば相手側に向いているリンク先のメインモンスターゾーンが埋まっているときにリンク召喚したいが、同パック収録の《アカシック・マジシャン》のおかげでそれも厳しいだろう。


yogiohlyna.hatenablog.jp

 

割り切るか、壊獣などで無理やり埋めるか、あえて出させて除去カードで破壊し(2)の効果に繋げるかは一度考えておくべきだ。

 

 

 

(2)はリンク先のモンスターが破壊された場合、自己強化を行う効果

相手からしてみれば攻撃力が上がっていないうちにこのカードを狙うはずなので、待っていても使えない。

 

能動的に使うのであればやはり自爆特効だろう。

ターン1の制約はないので、重ね掛けできればかなりの攻撃力が期待できる。

リンク先にリクルーターを出して自爆特攻を繰り返せば大幅に攻撃力が上がる。