ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《亡龍の戦慄-デストルドー》 について考えてみる

f:id:sihotto:20170628095841p:plain

 

 「サーキット・ブレイク」に収録される、闇属性・ドラゴン族・☆7・チューナーの《亡龍の戦慄-デストルドー の考察。

まずは効果を確認。

 

《亡龍の戦慄-デストルドー 
チューナー・効果モンスター
星7/闇属性/ドラゴン族/攻1000/守3000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在する場合、
LPを半分払い、自分フィールドのレベル6以下のモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、レベルが対象のモンスターのレベル分だけ下がり、
フィールドから離れた場合に持ち主のデッキの一番下に戻る。

 

非常に優れたステータスを持っている高レベルのチューナーモンスター

 

 

(1)の効果は、ライフポイント半分のコストと☆6以下のモンスターを対象として手札・墓地から特殊召喚できる効果。

その場合に自身のレベルを下げフィールドを離れた場合にデッキの一番下に戻る

 

ほかにモンスターが1体必要となるが、対象にしたモンスターと共にレベル7のシンクロ召喚が可能だ。

 

効果を使用後の召喚制限はない

そのため、エクシーズ召喚やリンク召喚、《アルティマヤ・ツィオルキン》の素材にもできる。

だが、レベルが奇数のため自身の効果だけではエクシーズ召喚できない。別途方法でモンスターの確保が必要だ。

レベルの下がる効果で《アルティマヤ・ツィオルキン》の素材にもし難い。

 

 

ライフの半分がコストは一見重いが、ライフがどれだけ減っていても発動できると考えれば強いのが分かる。


効果を使うとエクシーズ素材にしない限りはデッキボトムに戻ってしまうが、恵まれたステータスのおかげで《終末の騎士》《竜の霊廟》《竜の渓谷》《キラー・トマト》《仮面竜》《クリッター》などに対応している。

何度も持ってくるのは容易だろう。

 


コンボカードとしてオススメしたいのは《聖刻龍-ドラゴンヌート》《地獄の暴走召喚》

 

《亡龍の戦慄-デストルドー》は自身の効果で特殊召喚できる低攻撃力モンスターのなので《地獄の暴走召喚》と相性が良く、3枚確保しつつランク7のエクシーズ召喚を狙うことも可能。

 


《聖刻龍-ドラゴンヌート》対象になると、ドラゴン族・通常モンスターを特殊召喚できる

《亡龍の戦慄-デストルドー》は対象を取る効果なので非常に相性が良い。

 

《聖刻龍-ドラゴンヌート》+《亡龍の戦慄-デストルドー》で☆7シンクロ。

それとバニラドラゴンを合わせられる

 

具体的には、

  • 《真紅眼の黒竜》などでランク7エクシーズ
  • 1チューナーの《ガード・オブ・フレムベル》で《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》
  • 2チューナーの《ギャラクシーサーペント》で《えん魔竜 レッド・デーモン・アビス》

が上げられる。

 

2枚のカードでできるので中々に強力だと思う。

 

 

 

 

 

 

遊戯王 GAOV-JP018-N 《聖刻龍?ドラゴンヌート》 Normal

遊戯王 GAOV-JP018-N 《聖刻龍?ドラゴンヌート》 Normal

 

 

 

 

 

遊戯王OCG ガード・オブ・フレムベル SD25-JP004-N 遊戯王ゼアル 青眼龍轟臨(SD25)収録

遊戯王OCG ガード・オブ・フレムベル SD25-JP004-N 遊戯王ゼアル 青眼龍轟臨(SD25)収録