ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《メタバース》について考えてみる

遊戯王/メタバース(レア)/サーキット・ブレイク

 

 「サーキット・ブレイク」に収録される通常罠メタバース の考察。

まずは効果を確認。

 

メタバース 
通常罠
(1):デッキからフィールド魔法カード1枚を選び、手札に加えるか自分フィールドに発動する。

 

デッキからフィールド魔法をサーチor自分フィールドに発動する効果。


罠カードのため、発動まで1ターン遅れる点で《テラ・フォーミング》に劣る。

昨今のフィールド魔法は自分ターンに効果を使いたいものが多ことを考えると、現状では3枚目以降の《テラ・フォーミング》となるだろう。

 


むろん、完全な下位互換というわけではない。このカードは自分フィールドに直接発動することもできるからだ。
これは《ライオウ》などのサーチメタに妨害されないというメリットになる。

その手のカードが流行れば、評価も上がるかもしれない。

 

しかし、直接発動を狙いたい場合でもサーチを効果に含むことには変わりないので《灰流うらら》には問答無用でカウンターされてしまうことは留意したい。

 

 

 

また、デッキからフィールド魔法を発動する処理については、このカードを使う上で絶対に覚えておきたい。

 

まずは、類似の効果をもつ 《終焉の地》の効果を見て頂きたい。

 

f:id:sihotto:20170705143131p:plain

《終焉の地》 
速攻魔法
相手がモンスターの特殊召喚に成功した時に発動する事ができる。
自分のデッキからフィールド魔法カードを1枚選択して発動する。

 

このカードを発動した場合、《終焉の地》の効果処理の途中でフィールド魔法を発動することになる
フィールド魔法の発動に対して何らかの効果をチェーンすることはできない。

 

そして、最近のカードに多い「このカードの発動時の効果処理として~する。」効果は処理されない

 

そのため、《オレイカルコスの結界》などが持つデメリットを踏み倒すことができる

だが一方で、《ユニオン格納庫》や《トリックスター・ライトステージ》などはサーチ効果が発動できない

 

 

メタバースも同様の処理の仕方をするだろう。「カードが違います」で異なる裁定がでる可能性も否定できないのが遊戯王だが…。

 

 

 

遊戯王/メタバース(レア)/サーキット・ブレイク

遊戯王/メタバース(レア)/サーキット・ブレイク