ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《燃え竹光》での擬似封殺について考えてみる【遊戯王コンボ考察】

【シングルカード】CIBR)燃え竹光/魔法/ノーマル/CIBR-JP066

 

「サーキット・ブレイク」に収録された 永続魔法《燃え竹光》におけるコンボの考察。

まずは効果を確認。

 

《燃え竹光》 
永続魔法
(1):このカードが既に魔法&罠ゾーンに存在する状態で、
自分が「竹光」カードを発動した場合に発動できる。
次の相手メインフェイズ1をスキップする。

 


(1)の効果は、「竹光」カードが発動した場合に、次の相手ターンのメインフェイズ1をスキップする効果。


このカード+「竹光」カードの最低2枚が必要となるものの、どちらも《妖刀竹光》でサーチ可能。《妖刀竹光》を墓地に送るだけでサーチができるので、《おろかな副葬》《妖精伝姫-シンデレラ》などを用いて素早く揃えたい。

 

類似効果を持つ《タイム・イーター》と比べると、召喚・モンスターの戦闘破壊も必要無いため、かなり使いやすいといえる。

 

《妖刀竹光》で「竹光」カードをバウンスして再発動すれば、延々と相手のメインフェイズ1をスキップする事ができる

 

しかし、メインフェイズ1をスキップするだけでは、ただの嫌がらせにしかならないだろう。

基本的にはコンボ前提のカードと言える。

 

 

なお、この記事でのコンボの終着点は、メインフェイズ1及びメインフェイズ2をスキップして、相手の召喚行為及び魔法・罠カードの発動とセットを封じる擬似封殺とする。

 

  • 《端末世界》

遊戯王 STOR-JP062-NR 《端末世界》 N-Rare

 

既にこのタイプのデッキが動画投稿されていることから、最初に出てくるカードおそらくこれだろう。

このカードは永続魔法カードで、お互いのメインフェイズ2をスキップする効果を持つ。

永続魔法のためサーチは難しいが、下準備なく単に引ければいいカードだ。

 

デメリットは、速攻魔法によって除去されることだろう。

除去された場合は2枚or回収手段が準備できていないと崩れる可能性がある。

 

 

 

  • 《地縛神 Chacu Challhua》

遊戯王 ANPR-JP017-UR 《地縛神 Chacu Challhua》 Ultra

 

このカードは、表側守備表示で存在する限り、相手はバトルフェイズをスキップする効果を持つ。

一見意味が無さそうにも見えるかもしれないが、遊戯王のルール上、バトルフェイズを行わなければメインフェイズ2に入れない

そのため相手は、ドロー→スタンバイ→エンド以外の行動を取れないこととなる。

 

守備表示で存在しないといけないため攻撃には参加させづらいが、バーン効果をもっており、毎ターン1200のダメージが与えられる

 

こちらのデメリットは、フィールド魔法とリリース素材の確保だろう。

前者は《チキンレース》で解決できるが、後者は面倒である。

《ドラゴノイド・ジェネレーター》やイデアエイドスで解決したいところ。

 

 

 

遊戯王/燃え竹光(ノーマルレア)/サーキット・ブレイク

遊戯王/燃え竹光(ノーマルレア)/サーキット・ブレイク

 

 

遊戯王 STOR-JP062-NR 《端末世界》 N-Rare

遊戯王 STOR-JP062-NR 《端末世界》 N-Rare