ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《おジャマデュオ》について考えてみる【遊戯王カード考察】

遊戯王/おジャマデュオ(ノーマルレア)/サーキット・ブレイク

 

 「サーキット・ブレイク」に収録された 通常罠《おジャマデュオ》の考察。

 まざは効果を確認。

 

《おジャマデュオ》 
通常罠
(1):相手フィールドに「おジャマトークン」(獣族・光・星2・攻0/守1000)2体を守備表示で特殊召喚する。
このトークンはアドバンス召喚のためにはリリースできない。
「おジャマトークン」が破壊された時にそのコントローラーは1体につき300ダメージを受ける。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキからカード名が異なる「おジャマ」モンスター2体を特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

 

(1)の効果は、トークンを2体特殊召喚する効果

この効果は《おジャマトリオ》の下位版となる。

 

メリットを上げるのならば、2枚引いたついた際にわざわざトークンを1体破壊せずに済むことだろう。

また、このカードと《おジャマトリオ》の2枚で相手フィールドを埋められるのも上げられる。

しかし、リンク素材にされる恐れがあるので、そこは注意したい。

 



(2)の効果は、このカードを墓地から除外する事で、カード名が異なる「おジャマ」モンスター2体をリクルートする効果

 

 

おジャマトリオ》との大きな違いとなる効果だ。


デメリットは無く、融合素材・ランク2エクシーズ・シンクロ・リンク・リリース要員の水増しなどと用途は非常に幅広い。

 

(1)の効果のトークンが相手のリンク素材となることを避けたいならば、《おジャマ・カントリー》などの手札コストにしたり、《おろかな副葬》でデッキから直接墓地へ送るのも良いだろう。

 

 

【シングルカード】CIBR)おジャマデュオ/罠/ノーマル/CIBR-JP080

【シングルカード】CIBR)おジャマデュオ/罠/ノーマル/CIBR-JP080