ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《マスター・ボーイ》について考えてみる【遊戯王カード考察】

遊戯王 日本語版 CIBR-JP052 マスター・ボーイ (レア)

 

「サーキット・ブレイク」に収録された 水属性・水族のリンクモンスター《マスター・ボーイ》の考察。

まずは効果を確認。

 

《マスター・ボーイ》 
リンク・効果モンスター
リンク2/水属性/水族/攻1400
【リンクマーカー:左下/右下】
水属性モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの水属性モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、
炎属性モンスターの攻撃力・守備力は400ダウンする。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合、
自分の墓地の水属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

水属性の2体をリンク素材とするリンクモンスター。。
リンクマーカーは下方向に2つあり、EXモンスターゾーンに出すのに向いている。

効果・ステータスから、水属性版《ミセス・レディエント》と考えて差し支えない。

 

リンク素材は、《深海のディーヴァ》や同パック収録の《素早いビーバー》で手早く揃うだろう。

 

yogiohlyna.hatenablog.jp

 

また、《レスキュー・ラビット》+《エクシーズ・リモーラ》で再びバハシャ餅ができるのは嬉しいところだ。

 

 

 

(1)の効果は、水属性モンスターを全体強化して炎属性モンスターを全体弱体化する効果

攻守500UPなのでパンプアップの数値をしては悪くない。

 

 


(2)の効果は、破壊された場合に墓地の水属性モンスターを手札に回収できる効果

 

アドが減らないので単純だが強い効果だ。

自爆特効や自分で破壊した場合にも効果を使えるのは覚えておきたい。 

 

 

 

 

遊戯王/素早いビーバー(ノーマルレア)/サーキット・ブレイク

遊戯王/素早いビーバー(ノーマルレア)/サーキット・ブレイク