ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

リンクリボーについて考えてみる【遊戯王カード考察】

 

f:id:sihotto:20170721102237p:plain

 

最強ジャンプ(2017年9月号)の付属カードとして収録される 闇属性・サイバース族のリンクモンスター《リンクリボーの考察。

まずは効果を確認。

 

《リンクリボー 
リンク・効果モンスター
リンク1/闇属性/サイバース族/攻 300
【リンクマーカー:下】
レベル1モンスター1体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手モンスターの攻撃宣言時、このカードをリリースして発動できる。
その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで0になる。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドのレベル1モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

 

リンク素材はレベル1を指定している。

だが、制限は付いておらずトークンなどでもリンク召喚可能なため、かなり出しやすいだろう。

 

 


(1)の効果は、このカードをリリースすることで、攻撃モンスターの攻撃力をターン終了時まで0にする効果。

 

相手モンスターの攻撃宣言時にのみ使える効果ということは留意したい。

 

一見、返り討ちを狙えるように効果と思えるが、このカードをリリースすることによってバトルステップの巻き戻しが発生し、相手は攻撃を中断できるので返り討ちにはできない。

 

そのため、単に攻撃を止めさせる効果として運用することとなるだろう。

 

リンク先の確保要員としてフィールドに残した場合でもリリースできるため、低攻撃力を晒すことにはならないは良いところ。

 

 

 

 

(2)の効果は、レベル1モンスターをリリースして自己再生する効果。

 

相手ターンにも使用可能で、(1)の効果と合わせて使える。
 

レベル1のトークンなどを効果モンスターやサイバース族に変換できる効果とも見ることができ、効果モンスターやサイバース族縛りを持つリンクモンスターを出したいときの補助とできる。


しかし、自己再生ではメインモンスターゾーンに特殊召喚されるため、リンク先は増えない。

 

 

 

(1)と(2)の効果を同一ターンで使用する際は、攻撃宣言のルールに注意しなければならない

 

相手モンスターの攻撃宣言時に(2)の効果で自己再生した場合バトルステップの巻き戻しが生じるが、このタイミングは攻撃対象の変更であり既に攻撃宣言は終了している。
従って特殊召喚後に(1)の効果を発動する事は出来ない。

 

2つの効果を1度に使いたい場合は、バトルフェイズのスタートステップなど攻撃宣言の前に(2)の効果で事前に特殊召喚を済ませておく必要がある。

 

 

遊戯王 EXVC-JP005-SR 《ミスティック・パイパー》 Super

遊戯王 EXVC-JP005-SR 《ミスティック・パイパー》 Super