ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《インタラプト・レジスタンス》について考えてみる【遊戯王カード考察】 

f:id:sihotto:20170723191655j:plain

 

「ジャンプビクトリーカーニバル2017 プロモーションカード」の 光属性・サイバース族の上級モンスター《インタラプト・レジスタンス》の考察。

まずは効果を確認。

 

《インタラプト・レジスタンス》 
効果モンスター
星6/光属性/サイバース族/攻 0/守2100
(1):自分が戦闘ダメージを受けた時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードの攻撃力は受けたダメージの数値分アップする。
(2):1ターンに1度、このカード以外の自分の守備表示モンスターが相手モンスターに攻撃されたダメージ計算時に発動できる。
その自分のモンスターは、そのダメージ計算時のみこのカードと同じ守備力になり、その戦闘では破壊されない。

 

 (1)の効果は、戦闘ダメージを受けた場合に特殊召喚し、そのダメージを自身の攻撃力に加算する効果

 

自爆特攻でも問題なく使用できる。

なので攻撃力0のモンスターで自爆特攻、特殊召喚すれば、同じ攻撃力となり相打ちに持ち込める。

 

相手の攻撃をトリガーにした場合は、攻撃力があまり上がらない可能性が高い。

守備表示で出すことで壁+(2)の効果と合わせて防御には使える。

 

 

 

(2)の効果は、他の守備表示モンスターの守備力をこのカードと同じにして戦闘破壊耐性を付与する効果

 

しかし、このモンスターがいる状態で、相手が他の守備表示モンスターに攻撃するとは考えにくいだろう。

攻撃をこのカードに向けさせるための効果と考えるほうが建設的に思える。

 

また、(1)の効果と発動タイミングがあまり噛み合っておらず、相手ターンで多大な戦闘ダメージを受ける状況では、フィールドにモンスターがいない場合が多い。

僅かな戦闘ダメージをトリガーにして守備表示で特殊召喚し、他の守備表示モンスターを守るのが良いだろう。