ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《サブテラーマリスの妖魔》について考えてみる【遊戯王カード考察】

f:id:sihotto:20170719195619j:plain

 

EXTRA PACK 2017に収録される 地属性・幻竜族のリンクモンスター《サブテラーマリスの妖魔》の考察。

まずは効果を確認。

 

《サブテラーマリスの妖魔》
リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/幻竜族/攻2000
リバースモンスター2体
【リンクマーカー:左下/右下】
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク素材とした「サブテラー」モンスターの元々のレベルの合計×100アップする。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
デッキからリバースモンスター1体を墓地へ送り、手札からモンスター1体をこのカードのリンク先に裏側守備表示で特殊召喚する。
(3):1ターンに1度、このカードのリンク先のモンスターがリバースした場合に発動する。
自分のデッキ・墓地からリバースモンスター1体を選んで手札に加える。

 

リンク素材はリバースモンスター2体

このカードが属するテーマ「サブテラー」のほか、「シャドール」や「クローラー」にも組み込める。

 


(1)の効果は、リンク素材とした「サブテラー」モンスターのレベルに応じた自己強化効果。

このカード自体の攻撃力は控えめだが、現段階でリンク素材とできる「サブテラー」のリバースモンスターは全てレベル5以上

よって、「サブテラー」2体をリンク素材にした場合は最低でも3000の高打点を得られる。

 

 

 

(2)の効果は、リバースモンスター限定の墓地肥やしと手札からリンク先にモンスターをセットをする効果

 

「サブテラー」のみではなく、墓地へ送られた場合に効果を発動できる「シャドール」や、「クローラー」、「ワーム」などと相性が良い効果だろう。

 

また、墓地へ送るモンスターはリバースモンスターに限定されているが、手札からの特殊召喚には制限がない

 

しかし、このカードのリンクマーカーは下方向にしかないのは留意しておきたい。

 

 

 

 

(3)の効果は、このカードのリンク先でモンスターがリバースすることで、リバースモンスターのサーチもしくはサルベージする効果

 

毎ターン発動できればアドを稼ぎやすい効果ではあるが、発動トリガーがリバースした場合なので、サポートがなければ発動までに時間がかかる。

 

相手の攻撃をトリガーとすることも可能ではあるが、それを分かった上で攻撃してくることは少ないだろう。

むしろ、リンク先のモンスターをリバースさせる前にこのカードが除去される可能性が高いといえる。

 

 

トリガーとなるのはリンク先のモンスターがリバースすることであり、リバースモンスターでなくても構わない


通常モンスターなどを反転召喚させたり、「ゴーストリック」などのサイクル・リバースモンスターで効果を繰り返し利用もできる。