ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《影六武衆-ゲンバ》について考えてみる【遊戯王カード考察】

遊戯王/影六武衆?ゲンバ(ノーマル)/デッキビルドパック スピリット・ウォリアーズ

「デッキビルドパック スピリット・ウォリアーズ」に収録された 炎属性・戦士族の下級モンスターのチューナー《影六武衆-ゲンバ》の考察。

まずは効果を確認。

 

《影六武衆-ゲンバ》
チューナー・効果モンスター
星2/炎属性/戦士族/攻 500/守2100
(1):このカードが召喚に成功した時、
除外されている自分の「六武衆」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
(2):自分フィールドの「六武衆」モンスター1体のみが効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 

 

(1)の効果は、召喚に成功した時に除外された「六武衆」を回収する効果

 

《影六武衆-ハツメ》などで除外した「六武衆」を再利用するのが用途となるだろう。


特に《六武衆の師範》や《真六武衆-キザン》あたりを回収できれば即座に展開でき、

シンクロ召喚も狙いやすい。

 

 

 

(2)の効果は、影六武衆」が共通して持つ身代わり効果

詳細は《影六武衆-ハツメ》の記事を参照してもらいたい。

 

yogiohlyna.hatenablog.jp

 

 

このカードはチューナーのため、効果の使用よりもシンクロ召喚へと繋げる方が重要となる。

 

この場合、同レベルかつ「六武衆」のチューナーでもある《六武衆の影武者》がライバルとして挙げられる。

 

《影六武衆-ゲンバ》は使い勝手の良い効果を持っているのが利点で、単体の性能ではこちらが優るだろう。

 

一方《六武衆の影武者》は、地属性である事からナチュルシンクロモンスターと《ミセス・レディエント》に繋げる事が可能

 

また、攻撃力の違いから《六武衆の荒行》での対応先も異なるため、どちらかが完全な上位互換というとこにはならない。

 

 

遊戯王/影六武衆?ゲンバ(ノーマル)/デッキビルドパック スピリット・ウォリアーズ