ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《融合再生機構》について考えてみる【遊戯王カード考察】

Yugioh Limited Ed Fusion Recycling Plant RATE-ENSP1 Ultra Rare Limited Edition Raging Tempest Cards

 「EXTRA PACK 2017」に収録される海外先行カードの1枚 フィールド魔法《融合再生機構》 の考察。

まずは、効果を確認。 

 

《融合再生機構》 
フィールド魔法
(1):1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。
自分のデッキ・墓地から「融合」1枚を選んで手札に加える。
(2):自分・相手のエンドフェイズに、このターンに融合召喚に使用した
自分の墓地の融合素材モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

 

 (1)の効果は、手札を1枚捨てることで、《融合》をサーチorサルベージできる効果

 

手札コストが必要なものの、サーチのみならずサルベージもできるため1枚の《融合》を使いまわすことが可能。

 

《融合》を複数枚採用するデッキではもちろんのこと、意図的に2枚以下に抑えたいデッキでも無理なく回すことができるだろう。

 

 


(2)の効果は、融合素材に使われたモンスター1体をエンドフェイズにサルベージできる効果

 

回収するタイミングはエンドフェイズとやや遅い。

だが(1)の効果と違いコストも必要ないので、手札融合やフィールド融合の消耗を補うことができる。

 

 

この(2)の効果のみそは、魔法カード《融合》以外の方法で融合召喚を行った場合でも問題なく効果が使える点だ。

 

例えば、ブリリアント・フュージョン》や《真紅眼融合》などのデッキ融合のカードと組み合わせれば、任意の融合素材をデッキから擬似サーチするという芸当ができる
 

ただし、墓地融合とは噛み合わせが悪いため、併用する場合は何を墓地に残すか明確に意識したい。

 

 

また、この効果は「このターンに融合召喚に使用された融合素材」に対するものである
相手の《超融合》などで、自分のモンスターが相手に融合素材に使われた場合にも効果の使用が可能だ。

 


単にデッキから《融合》をサーチが目的ならば、《沼地の魔神王》や《月光黒羊》はカード・アドバンテージが±0で済む。
このカードを活かすならば、やはり融合素材をサルベージする点をうまく利用したいところだ。