ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《六武衆の真影》について考えてみる【遊戯王カード考察】

f:id:sihotto:20170820055038j:plain

Vジャンプ(2017年10月号) 付属カードで登場する 闇属性・戦士族の下級モンスター《六武衆の真影》の考察。 

まずは効果を確認。

 

《六武衆の真影》
効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻 500/守2000
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分が「影六武衆」モンスターの召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、自分の墓地からレベル4以下の「六武衆」モンスター1体を除外して発動できる。
ターン終了時まで、このカードの属性・レベル・攻撃力・守備力は、除外したそのモンスターと同じになる。

 

 

(1)の効果は、「影六武衆」の召喚・特殊召喚に成功した時に自身を手札から特殊召喚できる効果

 

★4の《影六武衆-キザル》《影六武衆-ドウジ》ならば《六武衆の影-紫炎》に、★1チューナーの《影六武衆-フウマ》ならば《真六武衆-シエン》につなげる事が可能だ。

 

だが、効果が「影六武衆」にしか対応してないことから、既存の【六武衆】に投入しても手札事故を招くだけ。

「影六武衆」と合わせて採用枚数は調整する必要があるだろう。

 

 

 

(2)の効果は、墓地のレベル4以下の「六武衆」を除外することで、除外した「六武衆」と同じ属性・レベル・攻撃力・守備力を得る効果

 

属性をバラけさせる必要のある《忍の六武》・《影六武衆-リハン》を使う際には重要なサポートとなるだろう。

 

墓地アドを失ってしまうが《地獄の暴走召喚》で複数の属性を揃えることができる。

これは他の六武衆にはない利点となる。

 


また、この効果でカード名は変わらない

これを利用し、除外した六武衆の同名カードを《六武衆の荒行》によってリクルートすることも可能。
同じ攻撃力を持つものがいない《影六武衆-キザル》等もリクルートできるようになる。

 

 

Vジャンプ 2017年 10 月号 [雑誌]

Vジャンプ 2017年 10 月号 [雑誌]