ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《エクスコード・トーカー》について考えてみる【遊戯王カード考察】

f:id:sihotto:20170820055838j:plain

「EXTREME FORCE」で登場する 風属性・サイバース族のリンクモンスター《エクスコード・トーカー》の考察。

まずは効果を確認。

 

《エクスコード・トーカー》
リンク・効果モンスター
リンク3/風属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/左/右】
サイバース族モンスター2体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した時、
EXモンスターゾーンのモンスターの数だけ、
使用していないメインモンスターゾーンを指定して発動できる。
指定したゾーンはこのモンスターが表側表示で存在する間は使用できない。
(2):このカードのリンク先のモンスターは、
攻撃力が500アップし、効果では破壊されない。

 

 

(1)の効果は、リンク召喚に成功した時に、EXモンスターゾーンのモンスターの数だけメインモンスターゾーンを封じる効果

 

両プレイヤーがEXモンスターゾーンにモンスターを出していれば最大で2カ所のモンスターゾーンを封鎖できる。

 

相手がEXモンスターゾーンにモンスターを出していなくても、このカードをEXモンスターゾーンにリンク召喚すれば、最低でも1カ所は封鎖が可能。

 

だが、このカードのリンクマーカーは下方向にない

そのため、自分のメインモンスターゾーンにリンクマーカーが向かず、また後述(2)の効果が使えなくなってしまう。

EXモンスターゾーンには別のリンクモンスターを出しておいて、このカードはメインモンスターゾーンに出すようにしたいところ。

 

 

 

 

(2)の効果は、リンク先のモンスターの攻撃力を500アップさせ、さらに効果破壊耐性を与える効果

 

リンクマーカーの都合上、このカードをメインモンスターゾーンに出さなければほぼ意味がない効果である。

 

 

むしろEXモンスターゾーンに出すのはデメリットとなり得る。

と言うのも、効果の対象が「リンク先のモンスター」としか書かれていないからだ。

これはすなわち上方向のリンクマーカーの場所に出されたモンスターにも効果が付与されてしまう。

 

 

記事制作事典でもリンク3のサイバース族モンスターは何体も存在しており、このカードと同一のリンクマーカーを持つ《トライゲート・ウィザード》やこのカード以上の攻撃力を容易に得られる《デコード・トーカー》などが存在している。
現状では優先順位が低いリンクモンスターだと評価せざるを得ないだろう。

 

左右にリンクマーカーを持つ「コード・トーカー」はこのカードのみなので、《リコーデッド・アライブ》から左右方向の相互リンクを狙うためなら採用されそうだ。