ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《弾帯城壁龍》(ベルトリンク・ウォール・ドラゴン)について考えてみる【遊戯王カード考察】

f:id:sihotto:20170820060039j:plain

「EXTREME FORCE」登場する 地属性・ドラゴン族の特殊召喚モンスター《弾帯城壁龍》の考察。

まずは効果を確認。

 

《弾帯城壁龍》
特殊召喚・効果モンスター
星6/地属性/ドラゴン族/攻 0/守2100
このカードは通常召喚できず、このカードの効果でのみ特殊召喚できる。
(1):自分がリンク召喚に成功した時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、このカードにカウンターを2つ置く。
(2):お互いに、このカードのカウンターの数より多い数のリンクマーカーを持つモンスターをリンク召喚できず、
リンクモンスター以外のモンスターは攻撃できない。
(3):モンスターがリンク召喚された場合に発動する。
このカードのカウンターを2つ取り除く。
(4):自分・相手のスタンバイフェイズに発動する。
このカードにカウンターを1つ置く。

 


特殊召喚モンスターであり、その条件はリンク召喚をすること

現段階でも通常モンスターやレベル1で出せるカードがあるため簡単に条件を満たすことができるだろう。手札に腐る可能性は低いと言える。

 

 

 

(1)の効果は、リンク召喚に成功した時に自身を特殊召喚しカウンターを2つ置く効果

特殊召喚の要点は上にある通りだ。
 

カウンターが2個乗るため、特殊召喚した時点で(2)の効果によって、リンク3以上は出せなくなってしまう。

 

 

 

 

(2)の効果は、カウンターの数より上のリンクマーカーを持つリンク召喚とリンクモンスター以外の攻撃を封じる効果


この効果によるロックがこのカードの主な使い道となるだろう。

 

元々の守備力が高さから低リンクでは突破が難しく、高リンクのリンク召喚を阻害するため、補助されなければ戦闘破壊され突破される可能性は低い。

 

また、制限をかけるのはリンク召喚のみである。

リンクモンスターの蘇生・帰還などは防げないので注意したい。

 

 

 

(3)の効果は、リンク召喚の度にカウンターを2つ取り除くという効果

 

カウンターの数が少ないほどロックは強固となるため、自分でリンク召喚してカウンターを減らすようにすればロックの維持がしやすくなるはずだ。

 

 

 

(4)の効果は、お互いのスタンバイフェイズにカウンターを増やす効果

 

お互いのスタンバイフェイズに発動するため、相手のメインフェイズには基本的に1つ以上あり、リンク1のリンク召喚を1回はされてしまう可能性が高い。

 

 

また、ただ特殊召喚しただけでは次の相手のターンにカウンターが3個になって、リンク3以下のリンク召喚を1回は許してしまう。
 

召喚トリガーとなるリンク召喚の後に、もう1度リンク召喚してカウンターを取り除くなどの工夫をしたいところ。