ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《天火の牢獄》について考えてみる【遊戯王カード考察】

f:id:sihotto:20170820060303j:plain

「EXTREME FORCE」で登場する フィールド魔法《天火の牢獄》の考察。

まずは効果を確認。

 

《天火の牢獄》
フィールド魔法
(1):フィールドのドラゴン族モンスターの守備力は300アップする。
(2):お互いに、フィールドのリンクモンスターより
リンクマーカーの数が少ないリンクモンスターをリンク召喚できず、
リンクモンスター以外のモンスターは攻撃できない。
(3):フィールドにサイバース族リンクモンスターが2体以上存在する場合、以下の効果を適用する。
●サイバース族モンスターが発動した効果は無効化される。
●フィールドのサイバース族モンスターは攻撃できず、攻撃対象にならず、効果の対象にもならない。

 

 

(1)の効果は、ドラゴン族の守備力を300強化する効果

数値は少なく攻撃力の強化できないので、この効果はオマケだろう。

 

 

 

(2)の効果は、フィールドのリンクモンスターのリンクマーカーより少ないリンク召喚とリンクモンスター以外の攻撃を封じる効果

 

こちらが先に大きいリンクを持つモンスターを出せば相手の行動に大きな制限をかけられる。

 

例えば自分フィールドにリンク4がいれば、攻撃制限により相手もリンク4以上を狙いたいところだが、リンク1~3が行えないため真っ当にモンスター4体を揃えることを強要できる。

を強化する効果、リンク召喚の制限とリンクモンスター以外の攻撃を封じる効果、特定条件下でフィールドのサイバース族を無力化する効果を持つ。




(3)の効果は、サイバース族リンクモンスターが2体以上存在する場合に適用されるサイバース族メタ効果

 

効果の適用条件はサイバース族リンクモンスターだが、適用対象はサイバース族すべて

適用された場合、メインデッキに入るサイバース族も発動した効果が無効になり、攻撃できなくなる。

 

 

どちらのフィールドにサイバース族リンクモンスターが存在していても適用され、殆どの行動を封じられるので、サイバース族との併用は難しいだろう。

 

サイバース族リンクモンスターが1体だけなら適用されないため、自分フィールドのみに存在する場合は適当なリンク素材にして数を減らせば突破は可能だ。

相手フィールドにもサイバース族リンクモンスターが存在する場合は対応が難しくなり、リンクモンスターを出せば(3)の、リンクモンスターを出さなければ(2)のロックに引っかかる羽目になってしまう。