ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《スリーバーストショット・ドラゴン》について考えてみる【遊戯王カード考察】

f:id:sihotto:20170820055958j:plain

「EXTREME FORCE」で登場する 闇属性・ドラゴン族のリンクモンスター《スリーバーストショット・ドラゴン》の考察。

まずは効果を確認。

 

《スリーバーストショット・ドラゴン》
リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/ドラゴン族/攻2400
【リンクマーカー:上/左/下】
トークン以外のモンスター2体以上
(1):1ターンに1度、ダメージステップにモンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にする。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(3):このカードをリリースし、自分の墓地のリンク2以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
その後、手札からレベル4以下のドラゴン族モンスター1体を特殊召喚できる。
この効果はこのカードが特殊召喚したターンには発動できない。

 

 

(1)の効果は、ダメージステップでの効果の発動を無効にする効果

 

他のモンスターの攻撃時にも発動でき、戦闘破壊対応リクルーターやリバース時の効果、ダメージステップのコンバットトリックを封殺が可能。

 

だが、ターン1の効果なので、マストカウンターの見極めが重要だ。

 

 

(2)の効果は、貫通効果

 

(1)の効果で戦闘は仕掛けやすくダメージは通しやすい。

 

 

(3)の効果は、自身をリリースする事でリンク2以下のリンクモンスターを蘇生し、手札から下級ドラゴン族を特殊召喚できる効果

 

自身のリリースを必要とするが、墓地と手札からの展開ができる。

 

ただし、特殊召喚したターンには使えず1ターン待たないと使えない。

相手の攻撃をしのぐ手段の用意、もしくは《リビングデッドの呼び声》などで相手ターンに蘇生する必要がある。