ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《パラレルポート・アーマー》について考えてみる【遊戯王カード考察】

 

f:id:sihotto:20170820055854j:plain

「EXTREME FORCE」で登場する 通常罠《パラレルポート・アーマー》の考察。

まずは効果を確認。 

 

《パラレルポート・アーマー》
通常罠
(1):自分フィールドのリンクモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
装備モンスターは相手の効果の対象にならず、戦闘では破壊されない。
(2):自分の墓地からこのカードとリンクモンスター2体を除外し、
自分フィールドのリンクモンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

 

 

(1)の効果は、装備カードとなり、リンクモンスターに相手の効果の対象にならない耐性と戦闘破壊耐性を付与する効果

 

類似効果を持つ《安全地帯》と比べると、直接攻撃が行える・自壊しない点で優れている。だが、効果破壊耐性が付与されない。

 

また、リンクモンスターにしか装備できない特殊召喚が封じられたりしてしまうと腐る可能性が出てくる。

 

 

 

(2)の効果は、墓地のこのカードとリンクモンスター2体を除外してリンクモンスターに2回攻撃を付与する効果

 

墓地のリンクモンスター2体を除外するコストは一見重いが、2回攻撃させたいリンクモンスターはリンク3以上であることが多く、リンク1、2を経由してリンク3以上のリンクモンスターを出すパターンならコストの準備は容易だろう。


エンコード・トーカー》なら自身の強化効果と相まって1ターンキルも狙えるはず。
帰還させるカードとのコンボも狙えなくもないが、そこまでするくらいなら攻めにカードを使う方が良い。