ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《魔導獣 マスターケルベロス》について考えてみる【遊戯王カード考察】

f:id:sihotto:20170820055535j:plain

「EXTREME FORCE」で登場する光属性・魔法使い族の最上級ペンデュラムモンスター《魔導獣 マスターケルベロスの考察。

まずは効果を確認。

 

《魔導獣 マスターケルベロス
ペンデュラム・効果モンスター
星8/光属性/魔法使い族/攻2800/守2800
【Pスケール:青4/赤4】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。
このカードを破壊し、デッキからレベル7以下の「魔導獣」効果モンスター1体を手札に加える。
【モンスター効果】
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分または相手が魔法カードを発動する度に、
このカードに魔力カウンターを2つ置く。
(2):自分フィールドに魔力カウンターが4つ以上存在する場合、
このカードは効果では破壊されない。
(3):1ターンに1度、自分フィールドの魔力カウンターを4つ取り除き、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外する。
このカードの攻撃力は相手ターン終了時まで、除外したそのモンスターの元々の攻撃力分アップする。

 

 

ペンデュラム効果は、反対側のペンデュラムゾーンが空いている時に自身を破壊しレベル7以下の「魔導獣」をサーチする効果

新カテゴリのため、現状のサーチ先は《魔導獣 ケルベロス》《魔導獣 ジャッカル》の2種だ。

 

 


(1)の効果は、魔法カードが発動される度に自身に魔力カウンターを2つ置く効果

 

同じトリガーで魔力カウンターを稼げる《王立魔法図書館》などのモンスターと比較しても魔力カウンターを稼ぎやすい。

《マジックテンペスター》のダメージ増加などにも使えるだろう。

 

 

 

(2)の効果は、魔力カウンター4つ以上の時に効果破壊耐性を得る効果

 

自身の(1)のモンスター効果により、2回魔法カードを使用すれば適用される。

 

また、このカードに乗っている魔力カウンターではなく、自分フィールドの総数を参照する

そのため、他に魔力カウンターが乗ったカードが存在していれば召喚に成功した段階で耐性を得られる。

 

《魔法都市エンディミオン》ならば耐性効果と相まって魔力カウンターを貯めやすいだろう。

 



 

(3)の効果は、魔力カウンター4つをコストに相手モンスターを除外しその元々の攻撃力分自身の攻撃力を強化する効果

 

アドバンテージが得られ、モンスター除去&自己強化を同時に行えるため、大きな戦闘ダメージを狙える。

 

自身以外に乗っている魔力カウンターも可能

だが、必要な個数が4個と多い。(2)の耐性も維持するならば魔力カウンターは8個以上は確保しておきたい。