ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《ゴーストリック・リフォーム》について考えてみる【遊戯王カード考察】

f:id:sihotto:20170827212248j:plain

「EXTREME FORCE」で登場する 通常罠《ゴーストリック・リフォーム》の考察。

まずは効果を確認。

 

《ゴーストリック・リフォーム》
通常罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「ゴーストリック」フィールド魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
その後、手札・デッキからフィールド魔法カード1枚を発動できる。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの
「ゴーストリック」Xモンスター1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターとカード名が異なる「ゴーストリック」Xモンスター1体を、
対象のモンスターの上に重ねてX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。

 

 

 (1)の効果は、「ゴーストリック」フィールド魔法をバウンスし、手札・デッキからフィールド魔法を発動できる効果


既存の「ゴーストリック」フィールド魔法である《ゴーストリック・ハウス》《ゴーストリック・パレード》《ゴーストリック・ミュージアム》の3種類のを状況に応じて使い分けられる。

また、「ゴーストリック」以外のフィールド魔法に張り替えてその効果を利用することもできる

 

元々フィールドに存在していた方は手札に戻るため、状況に合わせて再発動も可能。

 

手札に戻したカードと同名カードも発動できるので、《サイクロン》などの単体除去の回避にも使う事ができる。



 

(2)の効果は、墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「ゴーストリック」エクシーズモンスターの上に同名カード以外の「ゴーストリック」エクシーズモンスターを重ねてエクシーズ召喚する効果

 

 

同名カード以外ならばランクに関係なく特殊召喚できる

連続攻撃をしたり単体除去を回避したりと応用性は非常に高い。

 

エクストラモンスターゾーン1箇所のみで行われる効果のため、リンクモンスターに頼らず複数のエクシーズモンスターを使い分けることができる。

 

(1)の効果の発動条件が満たされていない場合は、《ゴーストリックの駄天使》の効果で手札からエクシーズ素材として墓地へ送り、この効果の発動を狙うのも手だろう。

 

 

使い方の例として挙げるならば、

  • 《ゴーストリック・デュラハン》で弱体化→このカードの(2)の効果で《ゴーストリック・サキュバス》を重ねて弱体化したモンスターを破壊しモンスターゾーンの使用を制限。
  • ゴーストリックエクシーズモンスターの上に《ゴーストリックの駄天使》を重ねた後、このカードの(2)の効果で他のゴーストリックエクシーズモンスターをエシーズ召喚し、もう1度《ゴーストリックの駄天使》を重ね効果を複数回使う。

この辺りが挙げられる。

 

 

遊戯王 NECH-JP090-SR 《ゴーストリックの駄天使》 Super

遊戯王 NECH-JP090-SR 《ゴーストリックの駄天使》 Super