ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《魔導獣 ジャッカル》について考えてみる【遊戯王カード考察】

f:id:sihotto:20170820055616j:plain

「EXTREME FORCE」で登場する 闇属性・魔法使い族の下級ペンデュラムモンスター《魔導獣 ジャッカル》の考察。

まずは効果を確認。

 

《魔導獣 ジャッカル》
ペンデュラム・効果モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻 0/守1400
【Pスケール:青4/赤4】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合、
自分フィールドの魔力カウンターを置く事ができるカード1枚を対象として発動できる。
このカードを破壊し、そのカードに魔力カウンターを1つ置く。
【モンスター効果】
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く。
(2):自分フィールドの魔力カウンターを3つ取り除き、このカードをリリースして発動できる。
デッキから「魔導獣 ジャッカル」以外の「魔導獣」効果モンスター1体を特殊召喚する。

 

 

ペンデュラム効果は、片方のペンデュラムゾーンが空いている時に自身を破壊し魔力カウンターを置く効果

 

もう一方のペンデュラムゾーンが空いている必要があり、能動的に使うならば、自壊や破壊効果を持つカードと組み合わせる必要があるだろう。

 

ペンデュラム召喚は行わず、魔力カウンター確保用のカードとして見てもいい。

その場合、自身のペンデュラムゾーンへの発動も魔法カードの発動となるため魔力カウンターをより多くため込める。

 

 


 
(1)の効果は、魔法カードが発動される度に自身に魔力カウンターを置く効果

魔力カウンターを載せることができる他のモンスターの多くが持つ共通効果である。

特に言及すべきことはないだろう。

 

 

 (2)の効果は、魔力カウンター3つと自身のリリースをコストに同名以外の「魔導獣」効果モンスター1体を特殊召喚する効果

 

魔力カウンターが3つ存在することが条件。

《テラ・フォーミング》→フィールド魔法など、サーチする魔法カードの併用で乗せておきたい。

 

現状このカード以外の「魔導獣」効果モンスターは《魔導獣 ケルベロス》《魔導獣 マスターケルベロス》の2種類。

《魔導獣 ケルベロス》は古いカードのため優秀な効果を持っているわけではない。

リクルート先は事実上《魔導獣 マスターケルベロス》1体といえるだろう。

 

 

yogiohlyna.hatenablog.jp