ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《魔導加速》について考えてみる【遊戯王カード考察】

f:id:sihotto:20170820055645j:plain

「EXTREME FORCE」で登場する 速攻魔法《魔導加速》の考察。

まずは効果を確認。

 

《魔導加速》
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送り、
フィールドの魔力カウンターを置く事ができるカード1枚を対象として発動できる。
そのカードに魔力カウンターを2つまで置く。
(2):このカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
魔力カウンターを置く事ができるモンスター1体をデッキから特殊召喚し、
そのモンスターに魔力カウンターを2つまで置く。

 


(1)の効果は、コストとしてデッキトップを2枚墓地へ送り、魔力カウンターを2つまで置く効果

 

魔法カードを発動する度に自身に魔力カウンターを置くカードを対象にすれば、実質3個の魔力カウンターを乗せることができる。

そのため《熟練の黒魔術師》や《王立魔法図書館》など効果の使用に魔力カウンターを3個要求するカードはこの効果1つで条件を満たせるようになる。

 

 

 

(2)の効果は、相手に破壊された場合に魔力カウンターを置けるモンスターをデッキから特殊召喚し、そのモンスターに魔力カウンターを2つまで置く効果

 

魔力カウンターが必要でない場合などにセットし、相手に破壊してもらうのを待つ必要がある。

 

相手の破壊する除去にチェーンして発動できれば、リクルートを行いつつ(1)の効果と合わせて一気に4つ以上の魔力カウンターを確保できる。

 

 


「2つまで」と明記されているので、置く魔力カウンターは1つでも良い

 

基本的に魔力カウンターは多いに越したことはないのだが、《バベル・タワー》など魔力カウンターの数そのものが重要になる例外も少なからずある。