ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《コード・トーカー》について考えてみる【遊戯王カード考察】

f:id:sihotto:20170902155913j:plain

「リンクモンスターGET! キャンペーン」で登場する 闇属性・サイバース族のリンクモンスター《コード・トーカー》の考察。

まずは効果を確認。

 

《コード・トーカー》
リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/サイバース族/攻1300
【リンクマーカー:上/下】
効果モンスター2体
(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。
(2):このカードのリンク先にモンスターが存在する限り、
このカードは戦闘及び相手の効果では破壊されない。

 

 

(1)の効果は、リンク先のモンスターの数だけ攻撃力を自己強化する効果

 

《デコード・トーカー》と同じ強化効果だ。

 

この効果のみで最大で攻撃力2300となる。これは他のリンク2と比べて攻撃力は高め。
だが、自分フィールドに向いているリンクマーカーは1つのみなので、自分のカードだけでは1800が限度。

 

(2)の効果により、相手がこのカードのリンク先にモンスターを出すことを控えるはずなので、事実上の1800と考えておくべきだろう。

 

 

 

(2)の効果は、リンク先にモンスターがいる限り戦闘及び相手の効果で破壊されない効果

 

リンク先にある程度ステータスが高いモンスターや、耐性持ちを出しておけば間接的にこのカードにも耐性が付き、リンク先を維持しやすい。

 

エクストラモンスターゾーンに置き、正面に相手モンスターが存在する場合も耐性は得られる。

だが、相手依存なので期待はできず、戦闘破壊できないのを逆手にサンドバッグにされる恐れもある。

 

 

 

効果はどちらともリンク先にモンスターが存在する必要があり、単体ではバニラと変わらない


 

このカードの利点は「効果モンスター2体」という緩い条件で下向きのリンクマーカーを持つ点だろう。

同じリンクマーカーを持つモンスターに《アカシック・マジシャン》が存在するが、縛りはこちらの方が緩い。

 

また、あちらと違ってリンク先のモンスターをバウンスすることがないので、相互リンクなどを狙うならこちらに軍配が上がるだろう。

 

 

「コード・トーカー」モンスターなので《リコーデッド・アライブ》で特殊召喚できる。
しかし、(1)の効果ではリンク3を失うためにディスアドバンテージになりやすく、(2)の効果ではメインモンスターゾーンに出すことになり、リンク先が増えず効果も活かしにくい。
《リコーデッド・アライブ》を使うならリンク3のコード・トーカーを優先すべきと言える。