ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《イーバ》について考えてみる【遊戯王カード考察】

f:id:sihotto:20170902155614j:plain

ストラクチャーデッキR-神光の波動-」で登場する 光属性・天使族の下級モンスター《イーバ》の考察。

まずは効果を確認。

 

《イーバ》
効果モンスター
星1/光属性/天使族/攻 500/守 200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られた場合、
このカード以外の自分フィールド・墓地の天使族・光属性モンスターを2体まで除外して発動できる。
除外した数だけ、デッキから「イーバ」以外のレベル2以下の天使族・光属性モンスターを手札に加える(同名カードは1枚まで)。

 

 

(1)の効果は、墓地へ送られた場合に自分フィールド・墓地から光属性・天使族を2体まで除外し、その数だけレベル2以下の光属性・天使族モンスターをサーチする効果

 

効果の発動条件は非常に緩く、そのうえタイミングを逃す事はなく、どこから墓地に送られてもいい。

 

除外や効果無効などにさえ気を付ければならないが、トリガーを満たす事は容易。


そして、サーチ先のモンスターには妨害に富んだ「宣告者」やチューナーがおり、次へとつなげやすい。

 

コストとして墓地にカードが少々必要な事とサーチ先に単体で戦局を覆すものが少ない事に気を付けて運用していきたい。