ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《キキナガシ風鳥》について考えてみる【遊戯王カード考察】

f:id:sihotto:20170903130604j:plain

デュエリストフェスティバル2017 プロモーションパック」で登場する 風属性・鳥獣族のエクシーズモンスター《キキナガシ風鳥》の考察。

まずは効果を確認。

 

《キキナガシ風鳥》
エクシーズ・効果モンスター
ランク1/風属性/鳥獣族/攻 0/守 0
レベル1モンスター×2
(1):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、他のカードの効果を受けない。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を2つ取り除いて発動できる。
このターン、このカードは戦闘では破壊されず、
このカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

 

(1)の効果は、他のカードの効果を受けない効果

 

そのため、相手がこのカードを除去するには戦闘破壊しなければならず、守備表示で立たせておくだけでも攻撃1回分の壁になる。

 

しかし、カードの効果を受けない耐性から装備魔法などは使えず、それでいて攻守共に0のため、戦闘での活躍は見込めない。

 

 

 

(2)の効果は、エクシーズ素材を2つ取り除くことで1ターンの間だけ戦闘破壊耐性を得て戦闘ダメージを0にする効果

 

(1)の効果の存在から(2)の効果が無効にされることはないので、相手ターンをやり過ごした上でこのカードを確実に自分ターンまで残すことが出来る。

残ったこのカードはアドバンス召喚のリリースやリンク素材に利用したいところ。

 

だが、この効果は他のモンスターの戦闘ダメージには関与しないため、他に的となるモンスターを送りつけられる恐れはあるのは注意したい。

 

エクシーズ召喚後にエクシーズ素材を増やすことはできないので、《威嚇する咆哮》のような使い切りの防御札としての使い方が主になるだろう。