ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《調星のドラッグスター》について考えてみる【遊戯王カード考察】

遊戯王 英語版 /Yu-Gi-Oh! - Space Dragster (INOV-EN000) - Invasion: Vengeance - 1st Edition - Rare

「EXTRA PACK 2017」で登場する 永続罠《調星のドラッグスター》の考察。

まずは効果を確認。

 

《調星のドラッグスター》
永続罠
(1):このカードは発動後、効果モンスター
(機械族・チューナー・炎・星1・攻0/守1800)となり、
モンスターゾーンに特殊召喚する。
このカードは罠カードとしても扱う。
(2):このカードの効果で特殊召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカード以外の自分フィールドのチューナーは戦闘及び相手の効果では破壊されない。

 


(1)の効果は、炎属性・機械族のチューナーの罠モンスターとして特殊召喚される効果

 

レベル1の罠モンスターのチューナーと言う点では《キング・スカーレット》に続く2体目となる。

発動条件があるあちらに比べ、こちらは特殊召喚が容易なためチューナーという特性を活かしやすいだろう。

 

 

 

(2)の効果は、モンスターゾーンに存在する限り、自身以外のチューナーに戦闘破壊・効果破壊耐性を与える効果

 

複数のこのカードを展開すれば互いの効果でそれぞれ破壊されなくなるので壁にもなる。

 

また、多数のチューナーをそのまま戦力として活用するデッキ【チューナー】では場持ちに大きく貢献するだろう。

 

 

チューナーという特性を含め、罠モンスターを中心としたデッキに複数枚採用することも十分考えられるもできる。


その場合、《宮廷のしきたり》でも破壊耐性を得られるので永続罠が多めの場合はこちらを採用してもいいだろう。

 

 

遊英語 ピ Space Dragster(R)(1st)

遊英語 ピ Space Dragster(R)(1st)