ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《リヴェンデット・スレイヤー》について考えてみる【遊戯王カード考察】

遊戯王/リヴェンデット・スレイヤー(ウルトラレア)/エクストラパック 2017

 「EXTRA PACK 2017」で登場した 闇属性・アンデット族の儀式モンスター《リヴェンデット・スレイヤー》の考察。

まずは効果を確認。

 

《リヴェンデット・スレイヤー》
儀式・効果モンスター
星6/闇属性/アンデット族/攻2400/守 0
「ヴェンデット」儀式魔法カードにより降臨。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、
自分の墓地からアンデット族モンスター1体を除外して発動できる。
このカードの攻撃力は300アップする。
(2):儀式召喚したこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから儀式魔法カード1枚を手札に加え、
デッキから「ヴェンデット」モンスター1体を墓地へ送る。

 

 

《マンジュ・ゴッド》などお馴染みの儀式サポートのほか、《冥界騎士トリスタン》・《儀式の準備》・《悪夢再び》に対応しているため、手札に加えやすいモンスターだろう。

 

 

(1)の効果は、相手モンスターとの戦闘の際に墓地のアンデット族を除外することで自身を強化する効果

 

自己強化は1回当たりの強化値は300と低い。

だが、永続強化なのでフィールドに維持できれば高い攻撃力が見込める。

 

しかし、アンデット族は《馬頭鬼》や《生者の書-禁断の呪術-》などのサポートカードの存在により墓地アドバンテージが重要となる。

それを除外し、効果を発動するため後先考えずに使えるものでもないだろう。

 

この効果を積極的に使うならば、除外がメリットになる【不知火】と併用するのが良いだろう。

 

 

 

(2)の効果は、儀式召喚した自身が墓地へ送られた場合に儀式魔法をサーチしヴェンデットモンスターを墓地へ送る効果

 

 

サーチと墓地肥やしが同時にでき、除去された場合のディスアドバンテージを補える効果だ。

だが、墓地へ送られた場合という条件がある。

 

昨今では除外やバウンスといった除去も多く、この効果を発動できずに退場してしまう可能性は高い。

 

幸いにも「相手によって」の一文はないので、リンク召喚に使ったり、何かのコストにして能動的な発動を狙うのも手だろう。

 

 

 

遊戯王/リヴェンデット・スレイヤー(ウルトラレア)/エクストラパック 2017