ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《武力の軍奏》について考えてみる【遊戯王カード考察】

f:id:sihotto:20170903130530j:plain

デュエリストフェスティバル2017 プロモーションパック」で登場する 風属性・機械族のシンクロチューナーモンスター《武力の軍奏》の考察。

まずは効果を確認。

 

《武力の軍奏》
シンクロ・チューナー・効果モンスター
星3/風属性/機械族/攻 500/守2200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合、自分の墓地のチューナー1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
(2):このカードをS素材としたSモンスターは、
フィールドに表側表示で存在する限りチューナーとして扱う。

 


(1)の効果は、シンクロ召喚に成功した場合に墓地のチューナーを効果を無効にして守備表示で蘇生させる効果

 

大抵の場合、自身のシンクロ素材としたチューナーが墓地に存在するはずなので蘇生対象には困らない。

 

しかし、このカードと蘇生したモンスターの両方がチューナーなので、そこからさらにシンクロ召喚するには他の非チューナーを用意しなければならない。

また、用意できても他にリンクモンスターを用意しなければこのカードをシンクロ素材とする必要がある。

 

視点を変えて、レベル3のチューナーを蘇生させ、自身と共にエクシーズ召喚すればこの点は解消できる。

もしくはチューナー2体を要求する《レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント》などをシンクロ召喚しても良い。

 

 

 

(2)の効果は、自身をシンクロ素材にしたシンクロモンスターをチューナーとして扱う効果


 
効果を活用するにはリンクモンスターや非チューナーを大量展開できる状況でなければならない。
《ドッペル・ウォリアー》や《スケープ・ゴート》などを用いてうまく立ち回りたいところ。