ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《究極変異態・インセクト女王》について考えてみる【遊戯王カード考察】

遊戯王/究極変異態・インセクト女王(スーパーレア)/デュエリストパック?レジェンドデュエリスト編2?

デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-で登場した地属性・昆虫族の特殊召喚モンスター《究極変異態・インセクト女王》の考察。

 

《究極変異態・インセクト女王》
特殊召喚・効果モンスター
星7/地属性/昆虫族/攻2800/守2400
このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。
(1):フィールドに他の昆虫族モンスターが存在する場合、
自分フィールドの昆虫族モンスターは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(2):このカードが攻撃したダメージステップ終了時、
自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードは相手モンスターに続けて攻撃できる。
(3):自分・相手のエンドフェイズに発動できる。
自分フィールドに「インセクトモンスタートークン」(昆虫族・地・星1・攻/守100)1体を特殊召喚する。

 


 
このカードは、通常召喚できずカードの効果でのみ特殊召喚できる召喚条件持つモンスター

 

しかしこのカードは自身を特殊召喚する効果を持っていないため、別に特殊召喚の手段が必要となる。

 

最上級モンスターなので、《切り込み隊長》や《ゴブリンドバーグ》等の汎用性のあるカードに対応していない。種族や属性を活かした特殊召喚手段を準備したい。

 

効果が昆虫族をサポートするもののため、主に【昆虫族】を中心としたデッキで採用する事になるだろう。

昆虫族サポートでは、手札からは《代打バッター》や《寄生虫パラノイド》、デッキからは《超進化の繭》や《孵化》によって特殊召喚できる。

変わったところでは、《忍者マスター HANZO》と《忍法 変化の術》を出張させて、特殊召喚とすることも可能だ。

 

 

 

 

 

(1)の効果は、自身を含む自分フィールドの昆虫族全てに効果耐性を付与する

他の昆虫族と並べる必要はあるが《デビルドーザー》など手軽に出せるモンスターも存在するので、2体を並べるだけならばそう難しくはないだろう。

 

しかし戦闘破壊に対する耐性は持たず、自身だけでなく他の昆虫族を狙われても耐性を失ってしまうため、できる限りステータスが高いか場持ちのよい昆虫族を並べたい。

また、条件となっている他の昆虫族は自分フィールドに限定されていないので、《DNA改造手術》や《寄生虫パラノイド》等で相手モンスターを昆虫族にする手もある。

 

対象をとらない破壊以外の除去には無力なので、その点にだけは注意したい。

 

 

 

(2)の効果は、モンスター1体をコストに連続攻撃できる効果


モンスターをリリースするコストは重い。

下手に使うと(1)の効果の耐性を解除し兼ねないので、気軽に使える効果ではない。


勝負を決める事ができる場合には有用だが、ダイレクトアタックには使えないためそれもなかなか難しい。


ディスアドを軽減するために使用する時はなるべく(3)の効果で生み出せるインセクトモンスタートークンを使うのが理想だろう。


《共振虫》や《応戦するG》などはリリースすることで効果のトリガーにできるが、フィールドの昆虫族の数が減ってしまうことに変わりはないため、無闇に発動するのはやはり危険。

 

なお、効果の発動に回数制限がないため、リリースできるモンスター及び攻撃対象にできるモンスターが存在する限り連続で攻撃できる。

 

 

 

(3)の効果は、各エンドフェイズにインセクトモンスタートークン1体を特殊召喚する効果。

 

リメイク前の《インセクト女王》の欠点であった発動条件とトークンの表示形式が改善されている。

効果の発動に条件はなく、インセクトモンスタートークンも守備表示で特殊召喚できるようになった。

 

トークンはステータスは貧弱だが、自分だけでなく相手ターンのエンドフェイズ時にも発動できるため、維持すればどんどんトークンを増やすことができる。


各種素材やリリースに際する制限はないため、シンクロ素材・リンク素材、《ハチビー》によるドローのコストなど、様々な用途に利用可能。

 

単純に壁として使用、(1)の効果による耐性を強固にするだけでも発動して損はない。

もしフィールドを埋め過ぎて邪魔になれば(2)の効果でリリースしてしまえばよいだろう。

 

 

 

 

遊戯王 ORCS-JP029-SR 《忍者マスター HANZO》 Super

遊戯王 ORCS-JP029-SR 《忍者マスター HANZO》 Super