ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《パワーコード・トーカー》について考えてみる【遊戯王カード考察】

f:id:sihotto:20171117141638p:plain

 ストラクチャーデッキパワーコード・リンク-で登場する炎属性・サイバース族のリンクモンスターパワーコード・トーカー》の考察。

 

パワーコード・トーカー》
リンク・効果モンスター
リンク3/炎属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:左/右/左下】
モンスター3体
(1):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
(2):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に、
このカードのリンク先の自分モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、元々の攻撃力の倍になる。

 

リンク素材に縛りはなくモンスター効果も汎用性が非常に高い。

 

リンクマーカーも自分フィールドのみに向いており、メインモンスターゾーン、エクストラモンスターゾーンのどちらに置いても機能する。

 

ただし、素材にモンスター3体を要求している

リンク2のモンスター1体とモンスター1体の組み合わせではリンク召喚する事ができない。

リンク素材と(2)の効果のコストで合計4体のモンスターを使うことになることも踏まえると、このカードをリンク召喚するならトークンを大量展開できるカードを使いたい。

 

コード・トーカーなので《リコーデッド・アライブ》の効果でも特殊召喚でき、左右にリンクマーカーがあるのでメインモンスターゾーンに蘇生させても使い勝手が良い。

 

 

 

(1)は、ターン終了時までモンスター1体の効果を無効にする効果。

 

自分ターンにしか発動できないので相手の妨害は行いにくい。

破壊耐性などの厄介なモンスターを封じて一気に攻めるために使う事になるだろう。

 

「相手のモンスター」とは書かれていないので、一応自分モンスターも指定できる。

(使うタイミングなどないとは思うが…。)

 

 


(2)は、リンク先のモンスターをコストに、ダメージ計算時のみ元々の攻撃力を倍にする効果

 

この効果により攻撃力4600まで強化できる。

(1)の効果と併せて耐性を持ちの大型モンスターを処理するのが狙いとなるだろう。