ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《アームド・ドラゴン・カタパルトキャノン》について考えてみる【遊戯王カード考察】

遊戯王/アームド・ドラゴン・カタパルトキャノン(ウルトラレア)/デュエリストパック?レジェンドデュエリスト編2?

 デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-で登場した光属性・機械族の融合モンスター《アームド・ドラゴン・カタパルトキャノン》の考察。

 

《アームド・ドラゴン・カタパルトキャノン》
融合・効果モンスター
星10/光属性/機械族/攻3500/守3000
「VWXYZ-ドラゴン・カタパルトキャノン」+「アームド・ドラゴン LV7」
自分が上記のカード全ての特殊召喚に成功しているデュエル中に、
自分のフィールド・墓地の上記のカードを除外した場合のみ、
EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手は除外されている自分・相手のカードと同名カードの効果を発動できない。
(2):相手ターンに1度、デッキ・EXデッキからカード1枚を除外して発動できる。
相手のフィールド・墓地のカードを全て除外する。

 

まず、特殊召喚自体が非常に難しい。

《VWXYZ-ドラゴン・カタパルトキャノン》と《アームド・ドラゴン LV7》を一度はフィールドに特殊召喚する必要があるので、《融合識別》等でカード名だけをコピーする方法もほぼ意味がない。

【VWXYZ】と【アームド・ドラゴン】には種族・属性・シリーズにも全くシナジーがなく、このモンスターの特殊召喚に特化した専用デッキを構築する必要がある。


《VWXYZ-ドラゴン・カタパルトキャノン》の融合素材に《融合識別》を使う、《アームド・ドラゴン LV7》は《レベルアップ!》や《青天の霹靂》で特殊召喚するなどすれば、多少は難易度が下がる。


VWXYZ・アームド・ドラゴンをそれぞれサポートできる《おジャマ改造》・《おジャマッチング》・《おジャマパーティ》を採用した【おジャマ】と混合するのも面白いだろう。


一度《VWXYZ-ドラゴン・カタパルトキャノン》を特殊召喚した後ならば、このモンスターの特殊召喚の除外に《融合識別》を活用することは可能である。

 

エクストラデッキの枠を割く必要があるが、《異次元からの埋葬》等で融合素材を改めて墓地に調達すれば、2体目以降のこのカードを特殊召喚する事も可能。

蘇生制限さえ満たしていれば、このモンスター自体の蘇生・帰還は可能となっている。

 

 

(1)は、除外されているカードの同名カードの効果の発動を封じる効果

 

(2)の効果や自分から除外しておくことで拘束力を高められる。

《マクロコスモス》などはこの点で相性が良いのだが、召喚条件を満たしにくくなるため相性は余りよくないだろう。

 

除外しているカードが少ないと拘束力が弱く、制限カード等相手のデッキに1枚しか入っていないようなカードにも効きにくい。

永続効果や条件による特殊召喚で突破される危険性もある。

 

 

 

(2)は、相手ターンにデッキ・EXデッキからカード1枚を除外して相手フィールド・墓地のカードを全て除外する効果

 

コストはかなり軽く、除外をトリガーとするカードや、(1)の効果で妨害したいカードをコストに選ぶ手がある。


欠点は発動が相手ターンに限られているので、発動にタイムラグがあること。

理想はエンドフェイズに発動し、相手フィールド・墓地を空にして自分ターンを迎える事だが、相手もそれを避けるプレイングをしてくるのは必然。
最良の発動タイミングを常に意識しておく必要がある。

 

 

 

制圧能力を十分に発揮するにはある程度の除外が必要。

だが、特殊召喚の条件を満たすのが難しく、そのサポートに枠を使うため、制圧力・封殺能力は相対的に低いといえる。

 

《VWXYZ-ドラゴン・カタパルトキャノン》の効果で相手のカード1枚除外しておけるがそれでも厳しい。

 

(2)の効果が1度でも発動できればアドバンテージは充分稼げるので、無理に制圧を狙わず、一気に勝負を決めに行くのもいいだろう。