ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《シュトロームベルクの金の城》について考えてみる【遊戯王カード考察】

遊戯王 CP18-JP010 シュトロームベルクの金の城 (日本語版 スーパーレア) コレクターズパック2018

《シュトロームベルクの金の城》
フィールド魔法
このカードのコントローラーは自分スタンバイフェイズ毎に
デッキの上からカード10枚を裏側表示で除外する。
除外できない場合このカードを破壊する。
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
「シュトロームベルクの金の城」のカード名が記されたモンスター1体をデッキから特殊召喚する。
この効果を発動するターン、自分は通常召喚できない。
(2):相手モンスターの攻撃宣言時に発動する。
その攻撃モンスターを破壊し、その攻撃力の半分のダメージを相手に与える。


COLLECTORS PACK 2018で登場したフィールド魔法

 

 

 

スタンバイフェイズに10枚のカードをデッキの上から裏側表示で除外する維持コストが発生する

強制効果のため、デッキが10枚以上あるのにコストを支払わず破壊する、ということはできない

 

高速化した環境下であれば、デッキ切れが迫るほど何度も維持コストを払う機会はそうそう無いだろう。

しかし、《一時休戦》・《虚無空間》などで1~2巡の遅滞戦術を仕掛けられると、デッキ切れの危険性がでてくるため注意したい。

 

また、(1)の効果のリクルート先を除外してしまう可能性がある点は、無視できない大きなデメリットとなる

維持コストが発生する前にフィールドから離してしまえばデメリットはなくなるので、バウンスなどを併用できるようにするのも手である。


逆に膨大な除外コストを活用しようとすると、最初の維持コスト発生が次のターンのスタンバイフェイズなのが難点だ。



 

(1)は、このカード名が記されたモンスター1体をデッキからリクルートする効果

効果を使用したターンは通常召喚を封じられるが、ほとんどがアドバンテージを稼ぎやすい効果を持っているので、大きな問題にはなり難い。

《鉄のハンス》を特殊召喚すれば《聖騎士の追想 イゾルデ》などランク4に繋げられる。

この効果にチェーンして《サイクロン》や《灰流うらら》などを使われると通常召喚できないデメリットだけが適用されてしまうのは注意したい。

 

 

 

(2)は、相手の攻撃モンスターを破壊しつつバーンダメージを与える効果

回数制限もないので、効果破壊耐性を持った一部のモンスターを除き、ほとんどの攻撃をシャットアウトできる。

無論、相手もこの効果を承知で攻撃してくる筈もないので、基本的に抑止力としての効果と言えるだろう。


メタバース》で相手バトルフェイズのスタートステップに不意打ち気味に発動すれば相手の計算を大きく狂わせられる。

攻撃を強制する《バトルマニア》などのカードと併用するのも手だ。

 

 

 

遊戯王 鉄のハンス(レア) コレクターズパック 2018 CP18-JP006 Collectors Pack 2018

遊戯王 鉄のハンス(レア) コレクターズパック 2018 CP18-JP006 Collectors Pack 2018

 

 

 

遊戯王 鉄の騎士(ノーマル) コレクターズパック 2018 CP18-JP007 Collectors Pack 2018

遊戯王 鉄の騎士(ノーマル) コレクターズパック 2018 CP18-JP007 Collectors Pack 2018