ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《予見通帳》について考えてみる【遊戯王カード考察】

遊戯王 予見通帳(ノーマルレア) サイバネティック・ホライゾン CYHO

《予見通帳》

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分のデッキの上からカード3枚を裏側表示で除外する。
このカードの発動後3回目の自分スタンバイフェイズに、
この効果で除外したカード3枚を手札に加える。


CYBERNETIC HORIZONで登場した通常魔法。

 

3枚のカードを裏側表示で除外し、3ターン後のスタンバイフェイズに手札に加える効果

あの《強欲な壺》をも上回る2枚のハンド・アドバンテージを稼げるが、往復6ターン待つ必要がある。

 

しかし、高速化が進んだ現環境では6ターンはあまりにも長く、手札に加える前に決着がついてしまう可能性はとても無視できるものではない。

初手で発動しても間に合わないことは珍しくなく、引くのが遅ければ腐る確率は大きく高まる。

 

一般的なデッキにおいてはリスクが大きすぎ、同じハイリスク・ハイリターンなドローカードでも《強欲で貪欲な壺》が優先されることになるだろう。

 

採用を検討できるのは、《バトルフェーダー》や《速攻のかかし》を複数枚積むなど、デュエルを長引かせる要素を含んだデッキ。

特に【終焉のカウントダウン】のように、勝利までにターン数がかかるデッキであれば使いやすい

 

 

「3枚を手札に加える」であるため、《バージェストマ・レアンコイリア》などで3枚のうち1枚でも除外状態でなくなった場合、残りも手札に加えることができず除外されたままになるので注意。

 

遊戯王 予見通帳(ノーマルレア) サイバネティック・ホライゾン CYHO

遊戯王 予見通帳(ノーマルレア) サイバネティック・ホライゾン CYHO