ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《寝ガエル》について考えてみる【遊戯王カード考察】

遊戯王 寝ガエル(ノーマルレア) サイバネティック・ホライゾン CYHO 水属性 水族

 

《寝ガエル》
効果モンスター
星2/水属性/水族/攻 100/守2000
このカードは融合・S・X・リンク召喚の素材にできない。
(1):このカードが召喚・反転召喚に成功した場合に発動する。
このカードを守備表示にする。
(2):1ターンに1度、相手のメインモンスターゾーンのモンスター1体を対象として発動できる。
守備表示のこのカードを対象の相手モンスターの隣のモンスターゾーンへコントロールを移す。
その後、相手のメインモンスターゾーンの「寝ガエル」が2体のみの場合、
その2体の間に存在する全てのモンスターのコントロールを得る。


CYBERNETIC HORIZONで登場した水属性・水族の下級モンスター

 

融合・シンクロ・エクシーズ・リンク召喚の素材にできない効果外テキストがある

そのため、(2)の効果で送りつけてコントロール奪取を狙うのが基本となるだろう。

 

 

 

(1)の効果は、召喚・反転召喚したときに自身を守備表示にする効果

このカード自体の攻撃力がわずか100。そのため、攻撃表示でないことがデメリットということはないだろう。

 

 

 

(2)の効果は、自身を相手に送りつけ、同名カードとの間に存在するモンスターをコントロール奪取する効果

相手の左右両端のメインモンスターゾーンに送りつければ最大3体のモンスターを奪うことが可能だ

 

一見、大量に奪える可能性があるものの、相手の動きに大きく左右されるのがネック。

また、このカードの性質上、左右両端のメインモンスターゾーン、エクストラモンスターゾーンに存在するモンスターは奪えない

 

大量にコントロール奪取したいなら相手に依存せず、相手モンスターの位置を調整するカードも併用したいところ。

 

 

このカードを使ううえで大きな注意点がある

それは、送りつけたこのカードの(2)の効果は相手も使えること


例えば、1体目の《寝ガエル》送りつけたあと、2体目の《寝ガエル》が《エフェクト・ヴェーラー》や《無限泡影》で効果を無効にされ、送りつけるのを失敗したとする。

そのあと、相手フィールドの《寝ガエル》を除去しなかった場合、相手が2体の効果を使い、コントロール奪取し返されることも考えられる。

コントロール奪取したモンスターの配置を調整すればその可能性は減るが、十分留意してもらいたい。

 

 

遊戯王 寝ガエル(ノーマルレア) サイバネティック・ホライゾン CYHO 水属性 水族

遊戯王 寝ガエル(ノーマルレア) サイバネティック・ホライゾン CYHO 水属性 水族