ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《リプロドクス》について考えてみる【遊戯王カード考察】

遊戯王 リプロドクス(レア) サイバネティック・ホライゾン CYHO 地属性 恐竜族

 

《リプロドクス》 
リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/恐竜族/攻 800
【リンクマーカー:上/下】
モンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●種族を1つ宣言して発動できる。
このカードのリンク先の全ての表側表示モンスターの種族はターン終了時まで宣言した種族になる。
●属性を1つ宣言して発動できる。
このカードのリンク先の全ての表側表示モンスターの属性はターン終了時まで宣言した属性になる。

 

CYBERNETIC HORIZONで登場した地属性・恐竜族のリンクモンスター

 

 

効果は、自身のリンク先にいるモンスター全ての種族か属性を変更する効果

種族・属性を変更できるのがリンク先のみであり、複数の相手モンスターに影響を与えられない

 

リンク先の自分のモンスターの種族・属性を変更し、サポートを利用できるようにすることは考えられる。

しかし、特定の種族・属性サポートを擁するデッキの場合、その種族・属性のモンスターを軸とした方が事故を起こしにくく、事故率に見合うほどのリターンがないと、この方法でも活用しにくいだろう。

 

このカードならではの利点は、素材の指定がないリンクモンスターであるため、トークン2体など任意のモンスター2体で用意できるという点。
フィールドのモンスター1体の種族を変更するカードで任意の種族を選べるものは現状このカードのみだ。

 

エクストラデッキから特殊召喚できるため、複数の種族を併用したい場合でもメインデッキに複数の種族・属性を無理に共存させる必要がない
特定の種族・属性を一時的に存在させたい場合には活用手段が考えられる。

そのため、《起爆獣ヴァルカノン》・《重爆撃禽 ボム・フェネクス》の融合召喚も手軽になる。
オイスターマイスター》などの種族を変えて《サシカエル》や《真海皇 トライドン》などのコストにするのも面白いだろう。

 

《No.29 マネキンキャット》を併用することでリンク先の相手モンスターの種族を変え、あちらの効果で相手フィールドにモンスターを出すことで任意のカードをリクルート可能になる。
リンク先を恐竜族にすれば《サモン・ソーサレス》をリンク召喚できる他、種族・属性をばらばらにすることで《暴走召喚師アレイスター》を出すことが可能。

エクシーズモンスターの種族・属性を変え、RUMの対象とすることも考えられる。
一例として、このカードのリンク先に《No.99 希望皇龍ホープドラグーン》を出し、戦士族に変更。
《RUM-アストラル・フォース》を使えば複数の素材を持った《No.93 希望皇ホープ・カイザー》をエクシーズ召喚できる。

 

遊戯王 リプロドクス(レア) サイバネティック・ホライゾン CYHO 地属性 恐竜族

遊戯王 リプロドクス(レア) サイバネティック・ホライゾン CYHO 地属性 恐竜族