ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《漆黒の薔薇の開華》について考えてみる【遊戯王カード考察】

遊戯王 DP21-JP027 漆黒の薔薇の開華 (日本語版 レア) デュエリストパック ?レジェンドデュエリスト編4?

カード効果

 

《漆黒の薔薇の開華》 
通常罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):お互いのフィールドゾーンのカード及び墓地のフィールド魔法カードの数まで、
自分・相手フィールドに「ローズ・トークン」(植物族・闇・星2・攻/守800)を守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの、
「ブラック・ローズ・ドラゴン」または植物族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外し、このカードをデッキの一番下に戻す。
この効果で除外したモンスターは次のスタンバイフェイズにフィールドに戻る。


収録パック→『デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-』


 

各効果について

 

通常罠カード。

 

(1)の効果は、お互いのフィールド・墓地のフィールド魔法の数までトークンを生成する効果

 

昨今のデッキはフィールド魔法を使用することが多い。

とはいえ、複数枚が墓地に溜まることは少なく、相手がフィールド魔法を使用しないこともあるだろう。

なので、基本的にはトークンを1~2体生成するカードと割り切って使用したほうがいい。

 

トークンを自分・相手のどちらのフィールドに何体特殊召喚するかは自由だが、トークンに「リリースできない」などの制限がないためリンク召喚やアドバンス召喚に使える。

そのため、相手フィールドに特殊召喚する理由はあまりないといえるだろう。

 

 

(2)の効果は、自分フィールドの《ブラック・ローズ・ドラゴン》、または植物族モンスターを一定期間だけ除外して自身をデッキの一番下に戻す効果

 

墓地で発動できる植物族用《亜空間物質転送装置》といえる効果だ。

 

奇襲性はないものの、植物族を破壊から守れたりするためあって困るものではない。

 

エクストラモンスターゾーンを空けるのにも使えるだろう。 


 

相性の良いカードとその理由
  •  《ブラック・ローズ・ドラゴン》

全体除去の効果にチェーンして(2)の効果を発動すると、モンスター1体を守りながら除去ができる。

遊戯王OCG ブラック・ローズ・ドラゴン ノーマルパラレル 20AP-JP067-P 遊☆戯☆王ARC-V [20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE]

 


  • 《おろかな副葬》

(2)の効果を主に使うのならば採用して損はない。

 

遊戯王 おろかな副葬 ノーマル ストラクチャーデッキ 闇黒の呪縛 SR06 ストラクチャー デッキ