ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《トリックスター・ライブステージ》について考えてみる【遊戯王カード考察】

遊戯王 SAST-JP058 トリックスター・ライブステージ (日本語版 ノーマル) SAVAGE STRIKE サベージ・ストライク

カード効果

 

トリックスター・ライブステージ》
フィールド魔法
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
発動するターン、自分は「トリックスター」モンスターしか特殊召喚できない。
(1):このカードの発動時に、自分の墓地の「トリックスター」モンスター1体を手札に加える事ができる。
(2):自分フィールドに「トリックスター」リンクモンスターが存在する場合に発動できる。
トリックスタートークン」(天使族・光・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。
(3):相手の魔法&罠ゾーンにカードが存在する場合に発動できる。
トリックスタートークン」1体を特殊召喚する。


収録パック→『SAVAGE STRIKE』

 


 

各効果について

 

フィールド魔法カード。

(1)の効果は、発動時に「トリックスター」モンスターの墓地から回収する効果

 

後述、(2)(3)と違い特殊召喚の制約も無く、同名カードの制限もない。

 

トリックスター・ライトステージ》のサーチに比べ、やや使い勝手では劣る。

だが、リンクモンスターをエクストラデッキに回収して使い回せるのはこちらならではの利点だ。

 

 

(2)および(3)の効果は、トリックスタートークンを特殊召喚する効果

 

発動ターンは「トリックスター」しか特殊召喚できなくデメリットがある。

基本的にはトリックスターのリンク素材や各種コストに使用することになるだろう。

召喚については制約がないので上級モンスターのアドバンス召喚のリリースに利用するのは問題ない。

 

トークン召喚の条件は、(2)が「トリックスター」リンクモンスターが存在する場合(3)が相手の魔法&罠ゾーンにカードが存在する場合だ。

 


 

相性の良いカードとその理由

トリックスター」の名を持つリンク1のモンスター。

(3)で出したトークンを素材にこのモンスターをリンク召喚すると、(2)を発動条件を満たせる。

その後、トークンと合わせてリンク2の「トリックスター」を呼び出せる。

 

トリックスター・ブルム ノーマル 遊戯王 フレイムズ・オブ・デストラクション flod-jp039


上記の《トリックスター・ブルム》にある流れから出したいリンク2のモンスター。

 

(1)の効果でサルベージした「トリックスター」を手札コストに、このカードの(2)の効果を使える。

ライフ2000以上の差があればそのままアドバンテージとなるので状況次第では狙ってみると良い。

 

遊戯王/ウルトラレア/VP17-JP003 トリックスター・ブラッディマリー V JUMP リンク・ヴレインズ・エディション


手札にある時に使える効果を2つ持っているので、(1)の回収効果と相性が良いモンスターだ。

 

遊戯王 トリックスター・キャロベイン ウルトラレア VJMP-JP141 Vジャンプ


 

遊戯王 トリックスター・キャロベイン ウルトラレア VJMP-JP141 Vジャンプ

遊戯王 トリックスター・キャロベイン ウルトラレア VJMP-JP141 Vジャンプ