ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《失楽の堕天使》について考えてみる【遊戯王カード考察】

 

 

遊戯王カード 失楽の堕天使(スーパーレア) リンク・ヴレインズ・パック2(LVP2) | リンク・効果モンスター 闇属性 天使族 スーパー レア

カード効果

 

《失楽の堕天使》
リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/天使族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
天使族モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分がモンスター2体のリリースを必要とする天使族モンスターのアドバンス召喚をする場合、
モンスター2体をリリースせずに自分の墓地からモンスター2体を除外してアドバンス召喚できる。
(2):手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「堕天使」モンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。
(3):自分エンドフェイズに発動する。
自分はフィールドの天使族モンスターの数×500LP回復する。


収録パック→『LINK VRAINS PACK 2』

 

 


 

各効果について

 

闇属性・天使族のリンクモンスター。

 

(1)の効果は、モンスター2体のリリースを必要とする天使族のアドバンス召喚する際に自分の墓地からの除外で代用できるようにする効果

 

《マクロコスモス》などのカードがない限り、このカードをリンク召喚したとき素材で墓地には最低2体のモンスターがいるはずなので、除外するモンスターの数が足りないことはない。

 

最上級モンスターの重さをクリアできる効果だが、特殊召喚可能な最上級天使族を出すだけでならば、始めから蘇生カードや《神の居城-ヴァルハラ》で特殊召喚すれば良い。

そのため、特殊召喚できないモンスターや、召喚時に効果を発動するモンスターが狙い目となる。

 

 

(2)の効果は、手札1枚をコストにデッキの「堕天使」をサーチか墓地へ送る効果

【堕天使】は墓地アドバンテージも重視されるデッキなので、サーチだけでなく墓地へ送る選択肢も選べるのはありがたい。
《ライオウ》や《手違い》等が存在しても墓地送りを選択すれば無駄にならないのも利点だろう。
 

 

(3)の効果は、エンドフェイズにフィールドの天使族の数×500回復する効果

 

状況によってはかなりの量を回復できるが基本的にはオマケの効果に近い。
【堕天使】では共通効果のライフコストを軽減する事に繋がるのであって困る効果ではない。

 

(2)以外の効果は【堕天使】に関わらないので、最上級天使族を何体か採用する【天使族】への採用考えられる。

 


 

相性の良いカードとその理由
  • 《創造の代行者 ヴィーナス》

効果で《神聖なる球体》を展開し、2体からリンク召喚する流れができる。

遊戯王 創造の代行者 ヴィーナス 17TP-JP207 トーナメントパック2017vol.2


  • 《ジェムナイト・セラフィ》

召喚権を増やせる、天使族の融合モンスター。

ブリリアント・フュージョン》からのデッキ融合が使いやすいだろう。

 

《ジェムナイト・ラズリー》と合わせて天使族バニラを回収すれば、召喚権を残しつつ、《失楽の堕天使》を出せる。

 

遊戯王/ジェムナイト・セラフィ(レア)/LINK VRAINS PACK

遊戯王/ブリリアント・フュージョン(ノーマル)/LINK VRAINS PACK

 


(1)の効果から出したい、特殊召喚できない天使族の最上級モンスター。

堕天使の名を冠するため(2)の効果にも対応している。

 

遊戯王 LVP2-JP092 堕天使ルシフェル (日本語版 レア) リンク・ヴレインズ・パック2


 

遊戯王/ジェムナイト・セラフィ(レア)/LINK VRAINS PACK

遊戯王/ジェムナイト・セラフィ(レア)/LINK VRAINS PACK

 
遊戯王/ブリリアント・フュージョン(ノーマル)/LINK VRAINS PACK

遊戯王/ブリリアント・フュージョン(ノーマル)/LINK VRAINS PACK