ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《強欲で金満な壺》について考えてみる【遊戯王カード考察】

遊戯王 SAST-JP067 強欲で金満な壺 (日本語版 スーパーレア) SAVAGE STRIKE サベージ・ストライク

カード効果

 

《強欲で金満な壺》
通常魔法
(1):自分メインフェイズ1開始時に、自分のEXデッキの
裏側表示のカード3枚または6枚をランダムに裏側表示で除外して発動できる。
除外したカード3枚につき1枚、自分はデッキからドローする。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分はカードの効果でドローできない。


収録パック→『SAVAGE STRIKE』

 


 

各効果について

 

通常魔法カード。

 

効果は、エクストラデッキのカードをランダムに裏側表示で除外し、除外した枚数に応じてドローする効果

 

最大2枚のドローが可能だが、エクストラデッキから6枚のカードを裏側表示で除外する必要がある。

しかもランダムのため、必要なカードまで除外して使用不能にする可能性がある。

一方、エクストラデッキを削るだけなので、《強欲で貪欲な壺》と違いデッキ切れに近付くリスクやサーチ先がないなどのことが無い点は優秀。

 

デメリットとして、他のカードの効果によるドローができなくなるが、サーチはできる

なので、サーチを主にしたデッキ構成にすれば問題はない。

 

 

このカードを採用しやすいデッキとしては、【Kozmo】や【トゥーン】、【メタビート】のようなメインデッキが主であり有用なサーチ系カードが積め、すぐにキーカードが引き込みたいデッキがマッチするはずだ。

 

【フルバーン】や【チェーンバーン】といったバーン系のデッキはモンスターに依存しない事が多く、そういったデッキであれば気兼ねなく使える。