ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《転生炎獣ベイルリンクス》について考えてみる【遊戯王カード考察】

遊戯王カード 転生炎獣 ベイルリンクス(シークレットレア) ソウルバーナー(SD35) | ストラクチャーデッキ サラマングレイト リンク 炎属性 サイバース族

カード効果

 

《転生炎獣ベイルリンクス》
リンク・効果モンスター
リンク1/炎属性/サイバース族/攻 500
【リンクマーカー:下】
レベル4以下のサイバース族モンスター1体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「転生炎獣の聖域」1枚を手札に加える。
(2):自分フィールドの「サラマングレイト」カードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。


収録パック→『ストラクチャーデッキ-ソウルバーナー- エクストラデッキ強化パック』

 


 

各効果について

 

炎属性・サイバース族のリンクモンスター。

 

(1)の効果は、リンク召喚に成功した場合に《転生炎獣の聖域》をサーチする効果

《転生炎獣の聖域》は、リンク2以上のサラマングレイトリンクモンスターの効果を十分に発揮するためには不可欠のカードであるため、【転生炎獣】デッキのキーカードといえる。

それをサーチできる意義は大きいだろう。

 

 

 

(2)の効果は、「サラマングレイト」カードの破壊に対する身代わり効果

モンスター以外も守れるため、(1)でサーチしたフィールド魔法の《転生炎獣の聖域》を守るのにも使用できる。
ただし守れるのは破壊のみ。なので破壊以外の除去には無力なので過信は禁物だ。

 


 

相性の良いカードとその理由
  • 《ワンタイム・パスコード》

レベル4・サイバース族のトークンを1体出せる魔法カード。

召喚権を失わずリンク素材を確保でき

遊戯王 ワンタイム・パスコード(ノーマル) ストラクチャー デッキ マスター・リンク (SD34) SD34-JP025