ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《マジシャン・オブ・カオス》について考えてみる【遊戯王カード考察】

遊戯王カード マジシャン・オブ・カオス(ウルトラレア) 20th ANNIVERSARY DUELIST BOX(20TH) | ブラック・マジシャン ブラマジ 儀式 闇属性 魔法使い族

 

カード効果

 

《マジシャン・オブ・カオス》
儀式・効果モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2500/守2100
「カオス・フォーム」により降臨。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り
「ブラック・マジシャン」として扱う。
(2):1ターンに1度、魔法・罠カードの効果が発動した時、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(3):儀式召喚したこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
手札から「マジシャン・オブ・カオス」以外の「カオス」儀式モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。


収録パック→『20th ANNIVERSARY DUELIST BOX』

 


 

各効果について

 

闇属性・魔法使い族の儀式モンスター。

 

(1)の効果は、フィールド・墓地に存在するとき、カード名を《ブラック・マジシャン》として扱う効果

これにより、《ブラック・マジシャン》を指定する各種サポートカードが使用可能になる。

《ブラック・マジシャン》の数を増やせるため、《黒魔導強化》の複数の効果適用も狙いやすくなるだろう。

 

 

(2)の効果は、魔法・罠カードの効果発動時にフィールドのカード1枚を破壊する効果

 

自分の魔法・罠カードでは追加の破壊効果を使え、相手には魔法・罠カードの使用を牽制できる。

 

特に、永続魔法・フィールド魔法・永続罠など、発動後にフィールドに残るカードはチェーン破壊してしまえば効果を打ち消せる。


一方、この効果は破壊が発生するのみで効果を無効にはしない。

そのため、通常魔法などに対してはきちんと対策を講じたい。

 

 

(3)の効果は、儀式召喚したこのモンスターが破壊された場合に手札の「カオス」儀式モンスターを特殊召喚する効果

 

《カオス・フォーム》で儀式召喚できる儀式モンスターと対応範囲は同じ。

だが、儀式モンスターの大量投入は自己要因になりかねないので、この効果自体を無視しても構わないだろう。

 


 

相性の良いカードとその理由
  • 《儀式の下準備》

《マジシャン・オブ・カオス》は、墓地では《ブラック・マジシャン》として扱われるので、このカードが墓地に存在する場合に限り使用が可能になる。

遊戯王OCG 儀式の下準備 レア shvi-jp065-R シャイニング・ビクトリーズ

 


  • 《永遠の魂》

フリーチェーンで効果を使える作れるため(2)の効果トリガーを容易に満たせ、格段に使いやすくなるだろう。

遊戯王 永遠の魂(シークレットレア)/決闘者の栄光?記憶の断片? side:闇遊戯(15AY)/シングルカード 15AX-JPY03-SI


 デッキから《ブラック・マジシャン》を落として儀式召喚できる。

墓地に落とせば、上記の《永遠の魂》で使いまわせるので、【ブラックマジシャン】デッキに《マジシャン・オブ・カオス》を組み込むのであれば《カオス・フォーム》より優先される儀式魔法になり得る。

遊戯王 高等儀式術 ノーマル STON?JP045