ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《E・HERO グランドマン》について考えてみる【遊戯王カード考察】

遊戯王カード E・HERO グランドマン(ウルトラレア) 20th ANNIVERSARY DUELIST BOX(20TH) | エレメンタルヒーロー 融合 光属性 戦士族 ウルトラ レア

 

カード効果

 

《E・HERO グランドマン》
融合・効果モンスター
星6/光属性/戦士族/攻 0/守 0
「HERO」通常モンスター×2
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードの攻撃力・守備力は、このカードの融合素材としたモンスターの元々のレベルの合計×300アップする。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時、このカードをリリースして発動できる。
EXデッキから「E・HERO」融合モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは自身のレベル以下のレベルを持つモンスターを攻撃できない。


収録パック→『20th ANNIVERSARY DUELIST BOX』

 


 

各効果について

 

光属性・戦士族の融合モンスター。

融合素材には「HERO」通常モンスター2体が指定されている。

 

 

(1)の効果は、融合素材の元々のレベルの合計に比例した自己強化を行う効果。

元々の攻撃力・守備力は0なので、これによってステータスが決定する

 

元々のレベルの合計×300と倍率が低く、下級E・HERO通常モンスター2枚では2400が上限となる。

しかし、後述の(2)の効果を踏まえるとなるべく高い攻撃力を持たせたいので、レベル7の《E・HERO ネオス》を融合素材に使いたい。

そうでない場合、《摩天楼 -スカイスクレイパー-》・《E・HERO オネスティ・ネオス》などのサポートは必要だろう。

 

 

(2)の効果は、戦闘破壊した時に自身をリリースして「E・HERO」融合モンスターを特殊召喚する効果

召喚条件を無視できるため、融合召喚でしか特殊召喚できないモンスターでも出せる。

ただし、特殊召喚したモンスターには、「自身のレベル以下のレベルを持つモンスターを攻撃できない」というデメリットが付く

直接攻撃やレベルを持たないエクシーズモンスターやリンクモンスターならば問題は無いが、相手フィールドによっては追撃に支障が出てしまう。
 


 

相性の良いカードとその理由
  • 《C・HERO カオス》

(2)の効果から出す融合モンスター候補。

ノーコストかつスペルスピード2でフィールドのカードの無効化できる。

スペルスピード2であるためカウンター罠以外のカードであれば無効化でき、制圧力が高い。

C・HERO カオス ウルトラレア 遊戯王 ヒーローズ・ストライク sd27-jp041

 


  • 一定期間だけモンスターを除外するカード

一定期間だけ除外して(2)の「自身のレベル以下のレベルを持つモンスターを攻撃できない」というデメリットをリセットできる。

 

《亜空間物質転送装置》《星遺物を巡る戦い》パラドックスフュージョンなどが該当する。

【遊戯王シングルカード】 《ドラゴニック・レギオン》 亜空間物質転送装置 ノーマル sd22-jp038

遊戯王/星遺物を巡る戦い(ノーマル)/サーキット・ブレイク

遊戯王 パラドックス・フュージョン AT16-JP008 アドバンスド・トーナメントパック2016 Vol.4


 

遊戯王/星遺物を巡る戦い(ノーマル)/サーキット・ブレイク

遊戯王/星遺物を巡る戦い(ノーマル)/サーキット・ブレイク