ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《オーバーフロー・ドラゴン》について考えてみる【遊戯王カード考察】

遊戯王カード オーバーフロー・ドラゴン(ノーマル) ダーク・ネオストーム(DANE) | 効果モンスター 闇属性 ドラゴン族 ノーマル

 

カード効果

 

《オーバーフロー・ドラゴン》
効果モンスター
星1/闇属性/ドラゴン族/攻 0/守 0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのモンスターが効果で破壊された時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
2体以上のフィールドのモンスターが効果で破壊された時に発動した場合、さらに自分フィールドに「オーバーフロートークン」(ドラゴン族・闇・星1・攻/守0)1体を特殊召喚できる。


収録パック→『DARK NEOSTORM』

 


 

各効果について

 

闇属性・ドラゴン族の下級モンスター。
 

効果は、フィールドのモンスターが効果で破壊された時に手札から特殊召喚でき、さらに、効果破壊されたモンスターが2体以上の場合は追加でトークン1体を特殊召喚効果

 

破壊されたモンスター及び破壊したプレイヤーは、自分・相手を問わない。

そのため、相手モンスター2体以上の効果破壊を狙うことが基本となるだろう。

 


 

運用するうえでの注意点

 

効果の発動トリガーが「場合」ではなく「時」なので、チェーン2以降での破壊や破壊後に別の処理入る《妨げられた壊獣の眠り》などのカードではタイミングを逃してしまう。

 


 

相性の良いカードとその理由
  • 《ブラック・ホール》

 通常魔法の破壊カード。

自分ターンに《オーバーフロー・ドラゴン》の効果を狙いやすい。

 

遊戯王/第10期/スターターデッキ/ST18-JP024 ブラック・ホール【パラレル】


  • 《激流葬》

 モンスターの召喚・特殊召喚をトリガーに発動できる通常罠の破壊カード。

召喚時効果を持つモンスターに対して使うとタイミングを逃してしまうため、《オーバーフロー・ドラゴン》を使うことを考えると《ブラック・ホール》に比べると使いがっては多少悪くなる。

遊戯王 激流葬(ノーマル) スターターデッキ2018

 


 

遊戯王 激流葬(ノーマル) スターターデッキ2018

遊戯王 激流葬(ノーマル) スターターデッキ2018