ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《星杯の守護竜アルマドゥーク》について考えてみる【遊戯王カード考察】

遊戯王カード 星杯の守護竜 アルマドゥーク(レア) ダーク・ネオストーム(DANE) | 星杯 守護竜 融合・効果モンスター 風属性 ドラゴン族 レア

 

カード効果

 

《星杯の守護竜アルマドゥーク》
融合・効果モンスター
星9/風属性/ドラゴン族/攻3000/守2600
リンクモンスター×3
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみEXデッキから特殊召喚できる。
●自分フィールドの上記カードをリリースした場合にEXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。
(2):このカードが相手のリンクモンスターと戦闘を行う攻撃宣言時、その相手モンスターとリンクマーカーの数が同じリンクモンスターを自分のフィールド・墓地から1体除外して発動できる。
その相手モンスターを破壊し、その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。


収録パック→『DARK NEOSTORM』

 


 

各効果について

 

風属性・ドラゴン族の融合モンスター。

融合素材は、リンクモンスター3体。

 

フィールドからリリースしてもいいため、「リンク素材にできない」のテキストを持っているモンスター達を素材にできる。

手軽に出すならば、《スケープ・ゴート》からリンクモンスター3体を出すのが早いか。

 

普通に融合をする場合は、《龍の鏡》や《転臨の守護竜》といった墓地融合がやりやすい。

しかし、後述の(2)の効果とは相性が悪い。

 

また、《超融合》を使うことも考えられる。

この場合は、リンクモンスター3体を除去できると考えられるので、エクストラリンクへの対策となり得るか。

 

 

(1)の効果は、相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる効果。

 

攻撃力3000と高いため、相手フィールドの状況次第では多大な戦闘ダメージとボードアドバンテージを稼げるだろう。

 

 

(2)の効果は、戦闘するリンクモンスターとリンクマーカーの数が同じモンスターを除外してそのリンクモンスターを破壊し、その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える効果。

 

攻撃力の上回るリンクモンスターが相手であっても戦闘破壊される事がないうえ、ダメージまで与えられる。

 

ただ、墓地に同じリンクマーカーの数のモンスターが必要であり、リンク3・4のモンスターを破壊できる回数は少ないだろう。

 

また、相手リンクモンスターをこの効果で破壊した場合バトルステップの巻き戻しが発生する。

そして、改めて攻撃宣言することで再びこの効果を発動できる。

そのため、効果を使えればモンスターとの戦闘が発生せず、この効果のみで相手リンクモンスターの全て除去できれば、直接攻撃が可能となる。

 

 


 

相性の良いカードとその理由
  • 《スケープ・ゴート》

4体のトークンを出す速攻魔法。

これで出したトークンからリンクモンスターを3体出せば融合召喚の条件を満たせる。

 

遊戯王カード MP01-JP022 スケープ・ゴート ミレニアムスーパーレア 遊☆戯☆王デュエルモンスターズ [MILLENNIUM PACK]

 


  • 《超融合》

互いのフィールドから融合できる速攻魔法。

相手フィールドからのみでも可能であり、これによりエクストラリンクの対策となり得る。

遊戯王OCG 超融合 ノーマル SD26-JP021 遊戯王ゼアル [機光竜襲雷]

 


  • 《究極幻神 アルティミトル・ビシバールキン》貫通効果付与できるカード

メインフェイズにフィールドに可能な限り同じ数のトークンを特殊召喚する効果を持つシンクロモンスター

このトークンは守備表示で出され、守備力は0。

 

自分フィールドに出たトークンたちでリンクモンスターを作り《星杯の守護竜アルマドゥーク》を召喚。

その後、貫通効果を与えてトークンを連続攻撃すればワンターンキルが狙える。

 

遊戯王OCG 究極幻神 アルティミトル・ビシバールキン シークレットレア PP18-JP006-SE 遊戯王 ARC-V プレミアムパック18