ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《マジシャン・オブ・ブラックカオス・MAX》について考えてみる【遊戯王カード考察】

遊戯王 20TH-JPC01 マジシャン・オブ・ブラックカオス・MAX (日本語版 シークレットレア) 20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION

 

カード効果

 

《マジシャン・オブ・ブラックカオス・MAX》
儀式・効果モンスター
星8/闇属性/魔法使い族/攻2800/守2600
「カオス・フォーム」により降臨。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このターン、相手はモンスターの効果を発動できない。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時、自分の墓地の魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。


収録パック→『20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION』

 


 

各効果について

 

闇属性・魔法使い族の儀式モンスター。

《カオス・フォーム》を儀式魔法に指定している。

 

 

(1)の効果は、特殊召喚に成功した場合に自分モンスターをリリースする事で、このターンの相手のモンスター効果の発動をできなくする効果。

 

相手の手札誘発による妨害をできなくするので、伏せカードがなければ安全に展開ができる。

 

また、特殊召喚に成功した場合なので、《リビングデッドの呼び声》などで相手ターンに特殊召喚できれば相手の行動が大きく制限し優位に立ち回れるだろう。

 

 

 

(2)の効果は、このモンスターが戦闘破壊した時に墓地の魔法カードを手札に回収できる効果。

 

攻撃力は2800と最上級モンスターの基準値程度にはあるため効果の発動が狙いにくいということはない。

 

サルベージ対象は魔法カードであればなんでもよく、さらには回収後の制限やデメリットは無い。

速攻魔法を回収すれば、そのバトルフェイズ中での発動も可能だ。

 

 

総じて優秀といえるモンスターだが、「どのようなデッキに採用し、いかにして特殊召喚するのか?」という問題がある。

 

というのも、このモンスターのレベルが8のためだ。

 

【ブラック・マジシャン】デッキで採用しようにも中心となる《ブラック・マジシャン》がレベル7なのでレベルが合わず、儀式召喚に手間がかかる。

 

青眼の白龍】デッキならば、レベルが同じ8で儀式召喚自体はしやすい。

だが、同じ《カオス・フォーム》から出せてかつ種族・カテゴリのサポートを受けられる《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》及び《青眼の混沌龍》より優先して採用する理由がない。

 

使うのであれば、専用デッキを組むか、《マジシャン・オブ・カオス》を採用して(3)の効果での特殊召喚を狙うべきだろう。

 

yogiohlyna.hatenablog.jp

 

 


 

運用するうえでの注意点

 

(1)の効果は、モンスターの効果を発動できなくなるだけである。

そのため、《人造人間-サイコ・ショッカー》などのフィールドに存在するだけで効果を発揮する永続効果は無効にできない


 

相性の良いカードとその理由
  • 《マジシャン・オブ・カオス》

レベル7の儀式モンスター。

(3)の効果で「カオス」と名の付いた儀式モンスターを召喚条件を無視して特殊召喚できる効果を持つ。

 

遊戯王カード マジシャン・オブ・カオス(ウルトラレア) 20th ANNIVERSARY DUELIST BOX(20TH) | ブラック・マジシャン ブラマジ 儀式 闇属性 魔法使い族


  • 竜騎士ブラック・マジシャン》

レベル8の融合モンスター。

フィールド・墓地に存在する限り「ブラック・マジシャン」として扱う効果がある。

この効果により《カオス・フォーム》での儀式召喚をこのモンスター1体で賄える。

 

遊戯王 EP18-JP045 竜騎士ブラック・マジシャン (日本語版 ウルトラレア) エクストラ・パック EXTRA PACK 2018