ライナ好きYPの遊戯王ブログ

主に新カード・デッキ考察をしていくブログ(予定)

《Sin Selector》について考えてみる【遊戯王カード考察】

遊戯王カード Sin Selector(シークレットレア) 20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION(20TH) | シン セレクター 通常魔法 シク

 

カード効果

 

《Sin Selector》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地から「Sin」カード2枚を除外して発動できる。
除外したカードとカード名が異なる「Sin Selector」以外の「Sin」カード2枚をデッキから手札に加える(同名カードは1枚まで)。


収録パック→『20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION』

 


 

各効果について

 

通常魔法カード。

 

効果は、墓地の「Sin」カードを2枚を除外し、このカード及び除外したカードとカード名の異なる「Sin」カード2種類をサーチする効果。

 

フィールド魔法がないとどうにもならない【Sin】デッキ。

《テラ・フォーミング》が制限の現在において、フィールド魔法の《Sin World》あるいは効果により《Sin World》を発動できる《Sin Territory》と、Sinモンスターを同時にサーチし動けるのは大きな利点。

 

すでにフィールド魔法がある状態ならば、《Sin パラレルギア》ともう1枚をサーチし《Sin パラレルギア》を召喚すれば、すぐにシンクロ召喚へつなぐこともできる。

例え、手札・フィールドのカードが0の状況でも、《Sin Territory》+《Sin パラドクスギア》をサーチすれば、大型シンクロ召喚を行いつつ耐性付きのフィールド魔法も用意できるため即座に巻き返せる。
 

 

しかし、墓地肥やしに長けているデッキテーマではないので、序盤の安定のために欲しいカードであるにもかかわらず、序盤で手札に来ると腐りやすいという欠点もある。

手っ取り早くコストを用意する方法は、フィールド魔法が無くても自壊せず、手札のSinモンスターとシンクロできるチューナーである《Sin パラレルギア》を使ったシンクロ召喚ぐらいだろうか。

 

強引な方法となるが、フィールド魔法が無い状態であえてSinモンスターを出して自壊させ、コストを無理やり作ることもできる。

手札が1枚減ってしまうが、何もせずに自ターンを終えるよりは幾分マシなので手札事故を起こした場合の対応として覚えておきたい。

 

 


 

相性の良いカードとその理由
  • 《クリバンデット》 

召喚したターンのエンドフェイズに自身をリリースして、カードを5枚めくり、その中の魔法・罠カード1枚を手札に加えて、残りを墓地へ送る効果を持つモンスター。

運が絡むものの《Sin Selector》の回収及びコスト確保ができる。

 

遊戯王OCG クリバンデット ノーマル ST17-JP014


 

 

遊戯王OCG クリバンデット ノーマル ST17-JP014

遊戯王OCG クリバンデット ノーマル ST17-JP014